TOP > 投資対象 > 投信・ETF > ご覧のページ

wall_東証

世界有数の資産運用企業・ブラックロックが運用しているNY上場ETF、iシェアーズ先進国株ETF(TOK)、iシェアーズエマージングETF(IEMG)、iシェアーズフロンティア株ETF(FM)の東証上場が承認されました。上場信託(JDR )形式のETFはであり、7月17日上場予定です。

スポンサーリンク

JDRについて

3つのETFはJDR(日本版預託証券・上場信託)です。JDRとは、外国の株式・債券・ETF等を信託財産とする受益証券であり、ADR(米国預託証券)等と類似したスキームです。外国有価証券を日本国内で円滑に流通させるために整備された枠組みであり、日本で有価証券として取り扱われます。

新規上場の3つのETFは、ニューヨーク証券取引所に上場するiシェアーズの3つ(TOK・IEMG・FM)のETFを信託財産とする受益証券です。


iシェアーズ 先進国株ETF(MSCIコクサイ)

日本以外の先進国の指数「MSCI KOKUSAI(コクサイ)インデックス」に連動します。総経費率は年率0.25%です。総経費率以外にも、間接的に負担する諸費用等がかかります。

国別割合、業種別割合、上位保有銘柄は以下の通りです。

iシェアーズ 先進国株ETFの内容

類似の国内上場ETFには、上場インデックスファンド先進国株式(1680)、MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信(1550)があります。コストは両方ともに年率0.2625%(税抜0.25%)であり、投資対象は1681が先物であり、1550が株式です。


iシェアーズ エマージング株ETF(MSCIエマージングIMI)

小型株を含む新興国株式の指数である「MSCI エマージング IMI インデックス」に連動します。総経費率は0.18%です。総経費率以外にも、間接的に負担する諸費用等がかかります。

国別割合、業種別割合、上位保有銘柄は以下の通りです。

iシェアーズ エマージング株ETFの内容

類似の国内上場ETFには、上場インデックスファンド海外新興国株式(1681)があります。こちらはMSCI エマージング・マーケット・インデックスに連動します。コストは年率0.2625%(税抜0.25%)であり、投資対象は先物です。


iシェアーズ フロンティア株ETF(MSCIフロンティア100)

フロンティア市場(新興国よりも発展途上の国・市場)の主要100銘柄の指数である「MSCI フロンティア・マーケット 100 インデックス」に連動します。総経費率は0.79%です。総経費率以外にも、間接的に負担する諸費用等がかかります。

国別割合、業種別割合、上位保有銘柄は以下の通りです。

iシェアーズ フロンティア株ETFの内容

類似の国内上場ETFはありません。


iシェアーズ3つのETFは熱い!

著名な海外ETFに投資する国内ETFであり、特定口座で安価な手数料で気軽に売買できるのは嬉しいです。特にフロンティアインデックスに投資する国内ETFはありませんでしたので、かなり熱いETF新規上場ですね。

フロンティア市場は最近は大きく先進国に劣後していますが、やがてこれが逆転する時期が来るかもしれません。スパイス的にポートフォリオに組み入れることは検討し得るでしょう。

問題は市場でつく価格にプレミアムがつく可能性(NAVよりも高い価格で買ってしまうリスク)、配当の二重課税の問題でしょうか。1680や1681は配当の二重課税を回避する趣旨で先物で運用されています。

それでもなお、取引対象にする価値があるETFだと思います。上場後はNAVと売買価格の乖離がどの程度になるのかに注目ですね。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.06.15 Sat l 投信・ETF l コメント (2) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/993-9fb73389
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)