TOP > 経済・社会・金融動向 > ご覧のページ

wall_sunset3

日経マネーにジム・ロジャーズのインタビューが載っていました。アベノミクスに対してはやや厳し目の見解でした。

個人的には、資産デフレは事業会社・金融機関を蝕み、減損しても減損しても新たな減損が生じる無限地獄に陥るため、大胆な金融緩和で資産デフレをストップしたのは良いと思います。問題は金融抑圧の意図が見え隠れすることであり、それは不気味な兆候です。

スポンサーリンク

ジム・ロジャーズのアベノミクスに対する見解

ジム・ロジャーズは、以下のように述べていました。

・ミスター・アベの政策全般は良くない。
・インフレが起きれば、日本人全員が生活費の上昇を受入れなくてはならない。
・日銀や日本政府がインフレ率をコントロールするのは無理。
・もしインフレ政策を続ければ、インフレは当初想定したより高くなるはず。ミスター・アベは今はインフレを望んでいるが、長期的には日本経済や自民党に悪い結果をもたらす。
・普通の経済は、将来に備えてお金をためたり、投資する人が得するようにできている。普通の神経を持っていたら、お金をたくさん借りている人が得するような経済システムは作らない。米国はこういうおかしな仕組みになっていて、人々に借金をしていくつも家を買うことを奨励していた。これが破綻したことはご存知の通り。
・借金とインフレが当たり前の経済システムを作れば、それは遠からず崩壊する。ただし、ごく短期的に見れば、株式仲買人や商品仲買人など多くの人の懐を癒す。

インフレはスローモーションのデフォルト

ジム・ロジャーズのインタビュー記事を見て、円売り・日本株買いやアップルの空売りで大きな利益を上げたダブルライン・キャピタルCEOの発言を思い出しました。

高いインフレ目標を掲げる政治を消費者が望んで受け入れる国は、世界を見渡しても日本以外に見当たらない。もはや通貨安しか道が残っていないとも言える。」

「紙幣の増刷は危険なゲームだ。財政の穴埋めが止まらなくなり、人々の行動が変わってしまったら、インフレの抑止は困難になる。」

「日本国債のデフォルトはないだろう。インフレの本質はスローモーションのデフォルトだ。年率7%のインフレが続けば、今の100円は10年後に半分に価値が目減りする。政府の実質的な債務負担も半分になる。安易な道だ。犠牲になるのは市民の購買力だ。」

今はインフレ誘導に対する支持が上昇しているようですから、国の宣伝活動が功を奏しているのでしょう。失うものがなくて閉塞感がある国民が増えており、リセット願望が強まっているのかもしれません。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.05.19 Sun l 経済・社会・金融動向 l コメント (6) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/945-ca7545d5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)