TOP > 投資対象 > 定期預金・その他 > ご覧のページ

wall_振り込め詐欺

安愚楽牧場に続き、MRIインターナショナルが大炎上しました。マネー雑誌やWeb広告で大々的に広告を打っていたため、ご存知の方も多いかもしれません。

広告では利回り6~8.5%をうたっていました。しかし、顧客から預かった1300億円超を実際には運用せず、社員の給料や経費などに流用して、大半が失われた疑いがあるそうです。

私は2009年にMRIインターナショナルのMARS投資について警笛を鳴らしました。

MRI投資(MARS投資)はツッコミどころがありすぎる。

スポンサーリンク

MRIインターナショナルの説明を見ると、自転車操業臭を芳醇に漂わせており、「新規の資金流入があれば、その資金を投資家への利払いと償還に回して、成り立たせることが可能です。何も実際のビジネスを行っていなくても回せます」旨のことを述べました。その通りでした。

2009年はソフトバンクの5.1%と4.52%の個人向け社債がありましたし、J-REITの利回りも6%を超えていました。

MRIインターナショナルのような得体の知れない不気味な金融商品と比べると、はるかに透明性が高くて利回りもそこそこ高い商品がありました。

こういう仕組みが不透明な相対商品は、法律、契約書、個別の商品の内容・仕組み・プライシング・監査の有無・カウンターパーティーなどについて隅々まで入念に調査する必要があります。それができないのであれば、投資するべきではないと思います。

安愚楽牧場の破綻時は、「安愚楽牧場の隠し財産が見つかった。被害額の7割を返金するのでお金を出してほしい」という電話で再度お金を騙し取られるという事件もありました。MRIについても同様の詐欺が再び跋扈する可能性があるかもしれませんね。

安愚楽牧場の「隠し財産が見つかった」で再び騙される人々

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.04.26 Fri l 定期預金・その他 l コメント (10) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/936-d226a141
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)