TOP > 投資対象 > 個人向け社債 > ご覧のページ

いよいよ明日発売、ソフトバンクの個人向け社債の利率が決定しました。利率5.10%

.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚

発行総額:600億円(みずほ証券300億円、大和証券SMBC250億円、SBI証券50億円)

償還期間:2年

社債の金額:100万円

金利:5.7%

募集期間:2009年5月27日~6月9日

格付け:BBB(JCR)、BB(S&P)、Ba2(Moody's)     

引受人:みずほ証券、大和証券SMBC、SBI証券

.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚

スポンサーリンク

どうやら大人気らしく、即日完売の可能性が高いようです。

以前にアップしたように、ソフトバンク社債の統計上のデフォルトリスクは、約2%

これに対して、利付け国債2年(新生銀行定期預金)に対するプレミアムは、4.6%(3.9%)。

期待リターンは、約3%

-----

例えば100万投資したと仮定すると、

100万×5.1%(利率)×98%(償還される確率)=102.998万円

-----

ソフトバンクの社債を購入しようと思っていたが、売り切れだった方は、三菱UFJ信託銀行の個人向け劣後債は検討し得るかもしれません。

利率は2~3%で、6月5日からの販売です。

利率はソフトバンクより低めですが、信用力は以下の通り高めです。

ソフトバンクの格付け:BBB(JCR)、BB(S&P)

三菱UFJ信託銀行の格付け:AA(JCR)、A+(S&P)

また、三菱UFJ信託銀行劣後債の期待リターンは、約1.86%~2.81%。

ソフトバンクよりは若干劣りますが、デフォルトの可能性がほとんどないと思われるため、より安心で、NTT、東武鉄道、NTTドコモの社債、国債などと比べると、比較的高い金利をゲットできます。

※期待リターンの算出は、以下の通りです。

-----

■格付けごとの累積デフォルト率
格付け期間1年3年5年
AA0.00%0.00%0.00%
A0.05%0.36%0.76%

※1997年~2007年

・AAの3年社債のデフォルト率=0%。

・Aの3年社債のデフォルト率=0.36%

・三菱UFJ信託銀行劣後債のデフォルト率=0%と0.36%の中間=0.18

・期待リターン=100×2~3%×0.18%=101.864~102.8146=1.864%~2.8146%。

-----

※関連エントリー

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2009.05.26 Tue l 個人向け社債 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    コメント
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/92-ed05cd5a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)