TOP > 保険 > ご覧のページ

自動車

昨年10月以降、損保は新等級制度を導入しています。新制度では、事故を起こすと、次の契約から割高な「事故あり等級」が適用され、同じ等級でも事故なしに比べて保険料が高くなります。新等級制度導入後の自動車保険契約で行った方がいいテクがあります。

スポンサーリンク

それは車両保険や対物賠償保険などに免責金額を設定することです。免責金額とは、自己負担しなければならない金額です。免責金額0円だと、修理代1万円の事故でも1万円の給付が出ますが、免責10万円だと10万円までは給付が出ません。

免責金額を上げるほど、保険料が安くなります。

昨年10月以降、損保は新等級制度を導入しています。新制度では、事故を起こすと、次の契約から割高な「事故あり等級」が適用され、同じ等級でも事故なしに比べて保険料が高くなります。

等級・車種によって異なりますが、値上げ額は3年間の合計が10万円を超えることもあります。したがって、修理代が数万円程度の事故では、保険を使わないほうがおトクになるので、免責額を設定した方がいいです。

また、従来の制度では、盗難・自然災害などドライバーに責任のない事故は、等級据え置きでしたが、新制度では1等級下がることになりました。1等級下がるだけではなく、「事故有係数」が適用されます。事故有係数が適用されると、同じ等級でも保険料が上がるため、保険料は大幅にアップします。

したがって、少額の事故で保険金をゲットするのは、旧制度に比べると驚異的に割に合わなくなりました。5~10万円程度の免責金額を設定した方がいいと思います。

通販系のダイレクト損保だと大手損保に比べてかなり安価なので、見積もりサイトで比較検討するのも一考ですね。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.08.29 Thu l 保険 l コメント (8) トラックバック (0) l top
    コメント
    米国債の購入についての考察をお願いできませんでしょうか?
    いつも更新を楽しみに読ませて頂いております、ありがとうございます。

    私は30代半ばですが、老後資金の準備に米国債(ゼロクーポン債で28年後くらいに償還されるもの)を考えているのですが、

    米国債を多く扱っている大手証券会社は外国証券口座管理料がかかったり、為替スプレッドが高かったり、同じ債券でも値段が若干違ったりと、どこで始めるのが一番お得なんだろうと思い、質問させて頂きました。
    (ネット証券ではカブドットコムさんが扱われてるようですが数が少ないです)

    少額(40万以下)が貯まったらその都度、少しタイミングを見て買っていこうと思っています。

    私のような普通の主婦が米国債を買おうと思うなんて、日本から本格的キャピタルフライトが起こる日も遠くないのかもしれませんね。

    お知恵を拝借できれば幸いです。
    2013.08.30 Fri l ティムティム. URL l 編集
    Re: 米国債の購入についての考察をお願いできませんでしょうか?
    大手は管理料がかかり、ネット証券だと品揃えが今ひとつで悩ましいところですよね><

    大手で外債が比較的充実していて、口座維持手数料が無料なのは、三菱UFJモルスタ証券、SMBC日興です。日興は今年の6月から順次無料になっています。まだ口座をお持ちでなければ、すぐに無料です。

    米国債は金利が上がってきていますね。10年債が3.5%以上で買ってもいいと判断しています。
    2013.08.30 Fri l まつのすけ. URL l 編集
    有難うございます。
    10年債で3.5%て、まだまだずっと先の話ですね。

    債券買い入れプログラムは縮小するらしいってだけで、まだ入り口ですのもね。。。

    1割2割円高に振れたときに外貨MRFで米ドルもつようにして、まだ購入には踏み切らないようにします。(ネット証券では外貨MRFから米国債を購入できるようですが、大手証券窓口ではできるのかな、そこも調べないといけない。。。)

    ちょっと調べたら、野村証券さんも2013年1月から口座管理料無料になったようですね。

    早速のご回答、本当にありがとうございました。
    2013.08.30 Fri l ティムティム. URL l 編集
    Re: 有難うございます。
    私はレバレッジが効いて資金が有効活用できるので、FXを選好しています。100万円分のドル円ポジを持つのに、20~30万円くらいいれておけばロスカットの可能性はほとんどないので、70~80万円がトレーディングに使えるのが気に入っています。

    ですので、外債はかなり金利が高くないと買う気が起きなかったりします^^

    野村證券も無料になってたんですね!知りませんでした。。情報ありがとうございます。
    2013.08.31 Sat l まつのすけ. URL l 編集
    いつも勉強させていただいています
    こんばんは、わかりやすくためになる記事でいつも勉強させていただいてます。

    今回の記事ですが確かに免責金額範囲内の事故であればおっしゃる通りだと思うのですが、仮に50万円とか100万円の保険を使ったほうがいいような大きな金額の事故であれば免責金額分の支払いと事故有係数が適用された高い保険料の支払いとで負担が大きくなると思うのですがいかがでしょうか?
    今自分の保険では免責をつけていないのですが、どちらがいいのか検討しています。
    2013.09.02 Mon l ニシムラ. URL l 編集
    Re: いつも勉強させていただいています
    はじめまして!ありがとうございます。

    仰るとおり、例えば100万円の事故だと、免責10万だと90万円しか保険料が払われず、事故有り係数が適用されてしまいますね。

    ただ、10万円免責ありの場合は、1万~1万5000円程度は安くなると思いますので、それをどう考えるかですね。

    また、事故で相手に過失がある場合は、まず事故を起こした相手の対物保険金が、自分の免責部分に充当されます。したがって、相手がある事故では、免責金額を全額支払うことは少ないと思います。

    個人的には5万円くらいの免責はつけた方がいいと思いますが、結果的につけない方がよかったというケースもあり得るでしょうね。
    2013.09.02 Mon l まつのすけ. URL l 編集
    No title
    ありがとうございます。
    確かに高級車や等級が低い場合など、保険料が高い場合は免責を設定した方が良さそうですね。
    そう考えると私の場合は低価格車である上等級も高いので免責をつけてもあまり保険料の低減効果はないのかも・・・

    ただ対物事故での相手の過失分に関しては盲点でした!
    ありがとうございます。やっぱり勉強になります。
    思い切ってお聞きしてみてよかったです。

    これからも更新楽しみにしています。

    2013.09.03 Tue l ニシムラ. URL l 編集
    Re: No title
    保険料の下がる金額と免責金額を比べて、最終的には総合考慮ですね(^^)
    2013.09.03 Tue l まつのすけ. URL l 編集
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/916-3c6673db
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)