TOP > 家計・公的年金・社会保険 > ご覧のページ

wall_city.png

日本版ISA(NISA)の導入が近づいてきており、証券会社では、NISA口座開設申込書等の送付予約の受付が始まりました。日本版ISA(NISA)の概要についてまとめました。

スポンサーリンク

日本版ISA(NISA)とは

日本版ISAは、株式・株式投信の配当・売却益が、年100万円を上限に5年間非課税になる制度です。5年分で最大500万円まで非課税で運用可能となります。通常の税金は20%です。

5年間の非課税期間が終了しても、100万円まではロールオーバー(繰越)可能です。例えば、2014年の分は2018年に終了しますが、2023年までロールオーバーできます。2015年の分は2024年まで繰り越せます。

非課税対象は新規投資分であり、現在保有中の株式・投信をISA口座に移管することはできません。

現時点では、対象は国内上場株式(ETF・REIT含む)と株式投信、外国上場株式・外国籍公募投信であり、国債・社債・MMF・個人向け国債などは対象外です。

日本版ISA(NISA)の留意点

日本版ISAの留意点としては、以下の点が挙げられます。

1.金融機関の変更はできない
現時点では、非課税口座は一人一口座であり、最初の5年間(2014年の場合、2018年まで)は、他の金融機関での口座の開設・金融機関の変更ができません。

したがって、金融機関は適当に選ぶのではなく、商品ラインアップを比較検討して選ぶ必要があります。ただし、今後の税制改正で乗り換えできるようになる可能性もあるそうです。

2.他の口座との損益通算ができない
ISA口座の損失は、他の普通の口座と損益通算できません。もし損切りしなくても、資産が値下がりした状態でISA期間が終了すると、その資産の取得価格は終了時の時価となります。

したがって、例えば、100万円の投信がISA終了時に70万円に下落していたら取得価格が70万円になり、その後に100万円で売却したら、30万円が利益となり、課税されてしまいます。

3.一度売却したり、分配金を再投資すると非課税枠が減少
例えば、100万円分購入した投信を売却したとしても、非課税枠は0円のままとなります。100万円購入した投信から5万円の分配金をもらって、それを再投資したとしても、その5万円は非課税枠の対象ではありません。

NISA口座での投資先は、ETFか個別株か

売却すると非課税終了となるため、バイ&ホールドでできるだけ長く持ち続けるのが望ましいです。

したがって、基本的には、幅広く分散された投信やETFが望ましいでしょう。また、テーマ型やクセがあるアクティブ投信ではなく、幅広く分散されている指数連動型が望ましいと思います。

もしくは、銘柄選択に自信のある方は、個別株式で大きく利益を出すのがベストですので、個別株式が有力候補です。大きく利益が出れば出るほど、享受できる非課税のメリットが大きくなります

例えば、ブルーライトカットのPCメガネでブレイクしたJINSのジェイアイエヌ(3046)は、2009年の安値39円から、2013年4月には5,950円まで上昇しました。

安値で78万円分買って高値で売却した場合、税率20%で計算するとなんと約2364万円もの税金がかかりますが、日本版ISAだとこれが0円になります。こうなったら最高です。腕に自身のある方は個別株ですね。

日本版ISAは始まったばかりであり、まだまだ発展途上です。当然に今後改正される可能性も十分にあります。公社債を対象とすることも検討されているとのことです。

ISA口座の開設には住民票の写しが必要であり、給与所得者の場合は、給与所得以外の収入が年間20万円未満の場合は、確定申告は不要というルールもあります。

したがって、あまり少額しか投資しないのであれば、メリットは薄れます。100万円近く投資する場合は、メリットが大きい制度です。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.04.30 Tue l 家計・公的年金・社会保険 l コメント (2) トラックバック (0) l top
    コメント
    No title
    >現時点では、対象は国内上場株式と株式投信であり、国債・社債・外国株・MMF・個人向け国債などは対象外です。

    金融庁のHPからとんだ
    http://www.fsa.go.jp/policy/shokenzeisei/01.pdf
    によると外国上場株式も対象に入っているっぽいです。
    2013.05.03 Fri l gloryhosi. URL l 編集
    Re: No title
    大変失礼しました。情報ありがとうございます。本文は修正しました。
    2013.05.03 Fri l まつのすけ. URL l 編集
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/911-c90ea0d1
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)