TOP > 投資対象 > 投信・ETF > ご覧のページ

熊1

日銀の異次元緩和によって、将来的な日本国債の下落の可能性が懸念されます。短期的にも金利が乱高下しています。

個人が国債の下落に手っ取り早くベットする手段の一つとしては、T&Dアセットマネジメントの「日本債券ベア」など、国債下落によって利益が出る投信が挙げられます。

「日本債券ベア」の場合、長期国債の値動きの5倍反対に動くこと目指す投信です。このような価格下落によって利益がでるインバース型の投信の特徴と留意点をまとめました。

スポンサーリンク

時間経過とともに価格下落

日本債券ベア投信では、国債先物を売り建てます。イメージ的には品借料等のフィーを支払うことで10年国債を借りて空売りしつつ、国庫短期証券で運用するようなディールです。

したがって、長期金利が短期金利よりも高い順イールドの場合、短期金利と長期金利の差額がコストのようなものとなり、国債先物価格の下落要因となります。

ほとんどの場合は順イールドですので、国債先物価格は大方のケースでは、時間の経過とともに下落します。投信の基準価格にもマイナスです。

もみ合い(上昇&下落)に弱い

常に同じ倍率(-1倍とか-5倍)の連動を保とうとするために、投信の基準価格が上昇すると国債先物を売り増して、下落すると買い戻すことになります。

この買戻しの時に損失が発生するため、上昇と下落が繰り返されると、徐々に損失が出て投信の基準価格は下落します。2倍・3倍・5倍などのレバレッジがあるファンドだと、より下落します。


長期保有には不適。短期売買のツール

簡単に言うと、日本債券ベア投信で、基準価格の変動を長期国債のマイナス5倍にする期間は1日単位であり、それ以降は長期になればなるほど、その期間の長期金利とベア投信の基準価格はかけ離れていきます。

時間の経過とともに、長期金利の逆に比べると投信のパフォーマンスが悪くなるケースがほとんどです。

例えば、2003年5月末の長期金利は0.538%であり、2007年5月末には1.751%まで上昇しました。しかし、この間の「日本債券ベア」の基準価格は、1,161から1,000まで16%下落しています。

上昇や下落のもみあいや長期保有には適さないため、大きく下落するタイミングをピンポイントに捉えて短期売買する必要があります。今は底打ちしかけているような風にも見えます。どうなりますかね。

日本債券ベア
※Yahoo!ファイナンスより

長期国債が下落したら5倍プラスになる投信、「日本債券ベア」は、ネット証券ですとSBI証券マネックス証券で購入できます。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.04.11 Thu l 投信・ETF l コメント (12) トラックバック (0) l top
    コメント
    No title
    これそのものだったか?は忘れましたが、
    似たようなものは以前に買ったことがあります。
    何とか薄利で撤収できましたが、
    おっしゃられるとおり、
    勝負が長引いたら危なかった。
    やはり、国策に逆らうのは危険です。
    (; ̄ー ̄A アセアセ・・・
    2013.04.12 Fri l mushoku2006. URL l 編集
    Re: No title
    この手のファンドはタイミングをピンポイントに当てないといけないので、難易度が高いですよね(^^;)

    いつかは金利上がるのは間違いないと思いますが、なかなか手を出しづらいです。
    2013.04.12 Fri l まつのすけ. URL l 編集
    CFDってどうでしょう?
    はじめまして。いつも読ませてもらってます。為になるエントリーが多く、勉強になってます。

    来るべき(?)暴落に備えて、インバース型の投信は気になっていました。そんな弱点があったのですね。長期保有がダメとなると、よっぽど上手にタイミングを取らないといけませんよね。

    それなら、指数や先物を売るCFDってどうなんでしょうか。ご意見・アドバイスお願いします。
    2013.04.12 Fri l ビビ. URL l 編集
    Re: CFDってどうでしょう?
    はじめまして!
    コメントは承認制にしておりまして、すぐに反映されません。

    CFDの対象は日本国債先物ですので、ロールオーバーの際に損失が発生する可能性があります。また、相対取引となるため、業者の信用力も問題になります。

    したがって、CFDもひたすら長期保有には向いてなく、短期的なトレードに向いていると思います。
    2013.04.13 Sat l まつのすけ. URL l 編集
    ありがとうございます!
    そうだ、確かに先物だとロールオーバーがあるんですね。限月とも言う。。。

    それなら、今のアベノミクス・バブルの終末に備えてCFDで現物の株価指数を売るってのはアリでしょうか。これなら無期限だからFXと同じで決済しなければ損失は発生しないですよね。売りなら金利調整分のスワップも受け取れてオイシイのかなーと。

    実はCFDの取引はしたことないので、ぜひまつのすけさんのご意見お聞きしたいです。

    国債の話題から離れて、また重ねての質問すいません。よろしくお願いします。

    2013.04.13 Sat l ビビ. URL l 編集
    Re: ありがとうございます!
    現物のCFDはロールオーバーの問題がないので、おっしゃる通りだと思います。レバレッジが効かせられるのがいいですね。

    金融株のショートとかよさそうですね。

    留意点とししては、FX同様にスリップが発生することがあるそうです。また、スプレッドの実質コストは信用取引の手数料より高いことが多いみたいです。

    2013.04.13 Sat l まつのすけ. URL l 編集
    留意点をしっかりチェックして
    スプレッドが割安で、かつ信用力のある業者を選定しなきゃですね。

    貴重なご意見を聞かせてもらえて嬉しいです。ありがとうございました。

    これからも楽しみにしていますので、末永くブログの更新を続けてくださいね。よろしくお願いします^^
    2013.04.14 Sun l ビビ. URL l 編集
    Re: 留意点をしっかりチェックして
    業者の信頼性が重要ですね。スプレッドも相場急変時は拡大するかもしれませんので、しっかりとしたプライシングをしてくれる業者が望ましいと思います。

    ありがとうございます!今後ともよろしくお願いします(^^)
    2013.04.14 Sun l まつのすけ. URL l 編集
    No title
    はじめまして。88と申します。

    国債ベア、大変興味があるのですが、本業が忙しく短期売買は好んでおりません。

    月1万円ずつ積み立てて、金利急騰時に売る、というのは合理的な行動でしょうか?(いきなり投入すると、もみ合い相場で削られるため・・・)

    何倍!などというリターンは求めておりませんし、リスク許容度内の僅かな金額でのみ行う予定です。
    (何故1倍のインバースがないのだろう…)

    お忙しい中申し訳ありませんが、ご意見の程、よろしくお願いします。
    2013.05.25 Sat l 88. URL l 編集
    Re: No title
    はじめまして!

    それで利益が出る可能性もあると思います。ただ、保有すればするほどに徐々に削られるため、急騰することがあったら、すかさず売却するのがいいと思います。

    普通のインデックス投信だと下落しても積み立てでナンピンしたら、いつかは上昇するという希望が持てますが、この投信の場合はそうはいかないのが難しいところですよね。基本的には金利上昇を強く予想している時期にピンポイントに購入するのがいいと思います。

    過去も何度か激しい金利上昇があったので、今回もどこかであるかもしれませんね。
    2013.05.25 Sat l まつのすけ. URL l 編集
    No title
    まつのすけ様

    88です。お返事有難うございます。
    やはり放置すると何もなくとも削れていくのは痛いですね。

    アドバイスを頂いたのに申し訳ないですが、今回は一旦パスします。普通に株式や外国債券やキャッシュポジションで分散しておきます。

    金融抑圧や悪性インフレにならなければ、金利が上昇(長期金利3~5%?)くらいで、国内債権ファンドを積み立て始める方がよいかもしれません。

    では、失礼します。
    重ねて有難うございました。
    2013.05.26 Sun l 88. URL l 編集
    Re: No title
    金利が上がりきった場合は、長期債で固定したいところですよね。3%くらいまで上がったら、利付国債10年の購入を検討し得ますね。
    2013.05.26 Sun l まつのすけ. URL l 編集
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/899-b0f23392
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)