TOP > 経済・社会・金融動向 > ご覧のページ

LOUIS VUITTON roppongi hills 06p.jpg

今年に入って美術・宝飾・貴金属など高額品の消費が活発になっており、女性の靴やバッグを中心に高級ブランドの売上が大きく伸びていますね。

スポンサーリンク

高級消費活発化の背景

この高額品の消費活発化の理由については、メディアでは株高の資産効果が挙げられることが多いです。それに加えて、値上げ前の駆け込み需要も大きな要因でしょう。

円安傾向で輸入する商品の原価が上昇しているという名目で、高級ブランドが雨後の筍のように値上げ乱舞となっています。

高級車のポルシェが2013年早々の1月に爆速で値上げしました。高級ブランドの雄、「ルイ・ヴィトン」は、2月に入って値上げしました。

3月にはシャネル、4月にはティファニー・カルティエ、5月にはフェンディ・プラダ、6月にはディオール・モンブラン・セリーヌが値上げしました。

漫然といつか買おうかと思っていた場合、値上げが発表されたら、値上げ前に買うのが人の行動です。2月の値上げ前はルイヴィトンの駆け込み需要が活発化し、平年の2~4倍近い売上になった店舗もあるようです。

ルイ・ヴィトンは、7月1日から革製品の一部を平均8%値上げするようです。今月はこれらが爆売れしているのでしょうね。

ここにきて円高になっていますが、昨年11月からは依然として円安であり、歴史的な転換という声もメディアで増えてきました。こうなると、今のうちに海外旅行しておこう、あるいは外国ブランドの高級品を買っておこうと考えるのが人情です。

こうした動きが足元で一気に出ているのでしょう。

消費税増税前に買った方がいいモノ

消費税増税前は、需要によって価格の増減が少ない物品を中心に購入しておくのがいいでしょう。

鞄・財布・時計などの高級ブランドは、駆け込み需要による価格高騰や需要減による値下げはありません。消費税増税前に買った方がいいモノの筆頭としては、こうしたモノが挙げられるでしょう。

他方、家電などは、需給バランスによって価格が大きく動くため、焦って増税直前に買うと高値掴みになる可能性があります。エコポイントの時の記憶は生々しいですね。需給で価格が大きく動く商品は、焦って増税直前に買わない方がいいでしょう。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.06.22 Sat l 経済・社会・金融動向 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/859-0f78af42
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)