TOP > IPO > ご覧のページ
WATER resized

ウォーターダイレクト(2588・東証マザーズ)のブック・ビルディング期間が近づいて来ました。2月27日(水)~3月5日(火)です。想定価格は1,000円(1単元10万円)です。
スポンサーリンク

同社の主力事業は、ミネラルウォーターのウォーターサーバーレンタル事業です。富士山麓・富士吉田の地下に流れている天然の清水を汲み上げた「CLYTIA」を提供しています。モンドセレクション受賞とのこと。

ボトル回収が不要の使い切りタイプである「ワンウェイ方式」を開発し、クリーンなボトルを使用し、ボトル保管が不要となっている点が特徴です。

ボトルの回収・交換作業は面倒なので、それが不要なのはいいですね。

業績の側面においては、2011年3月期を除いては、売上高・経常利益は右肩上がりです。

ウォーター業績

業種面では目新しさはなく中立。市況面では、IPOが非常に堅調な地合いとなっています。

IPOの規模は約3億円とかなりの小型です。VC等の上位株主10位まで(合計約78%)に90日のロックアップ(発行価格の1.5倍で解除)がかかっています。上位株主はVCまみれですけれども、ロックアップがしっかりかかっている点はプラス。

足元でのIPOの活況、極めて小型な上場規模などに鑑みて、プラスリターンが期待できると考えます。

主幹事は野村証券であり、その他はみずほ証券、SBI証券、いちよし証券、高木証券、SMBC日興で申し込めます。

<投資スタンス>
強気
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

※過去1年間の初値予想履歴
IPO130217.png

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.02.19 Tue l IPO l コメント (0) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/815-d4134a12
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)