TOP > 投資対象 > 投信・ETF > ご覧のページ

私の知人にさわかみファンドへの投資を検討している人がおり、先日「どう思う?」と聞かれたので、ブログにも書いてみようと思います。

①パフォーマンス

信託報酬は、1.05%(税込み・年率) 。TOPIX連動型ETF(1306)の年0.1155%との差をどう評価するか。

この点、下図のとおり、ファンドの実態はインデックスファンド化しており、また、ここ最近は、インデックスに負けている期間も多い。

※赤がTOPIX、青がさわかみファンド The Goal

②ファンドマネージャー

澤上篤人代表取締役の投資哲学には共感するところが多いです。

また、彼の率直な側面も好印象です。「どの株があがるかなんてプロにだってわからない」と発言したことがありますが、それはその通り。実に愚直。

「絶対儲かる銘柄がわかります!」と豪語する投資顧問やファンドマネージャーには近寄らないほ方がいい。当たり前の事ですが、それが真実なら、誰にも教えずに自分のお金で運用するはずだから。

しかし、現在は、彼は運用の大方針を示すだけで,実際の 銘柄選択や投資額の決定は、息子の.澤上龍氏(ファンドマネージャー)が行っています。

彼については、昨年、日経で取り上げられました。

スポンサーリンク

2007年5月11日(金)日経新聞夕刊より引用

-----

サーフィンに明け暮れるフリーター、沢上龍が父親の投資信託の事業を手伝い始めたのは、人手が足りないといわれて「何となく」だった。

 最初は切手をはるぐらいしか仕事がなかったが、そこで一工夫した。近くの郵便局員と交渉、毎月二百万―三百万円分の記念切手を確保した。「きれいな切手で手紙が届くとうれしくないですか」

 学びたいことがないから大学には行かず、金融知識もゼロの自由人。しかし人の気持ちをくむ才能はあった。

 父の篤人が営むさわかみ投信は長期投資で約二千五百億円の個人投資家の資産を預かる。運用を切り盛りしているのが長男の龍であることはあまり知られていない。

 「人生をかけられる仕事って何だろう?」。高校を出てから二十四歳で父の会社に入るまで自分探しをしていた。それを黙認した父親が「何もしないでぼーっとしているわけではなかった」と振り返るように、あれほど精力的なフリーターも珍しかった。

 家では父親の書斎に並んだ歴史本を読みあさった。夜、酒場のアルバイトに出ると人間観察。急に怒り出す客、泣き続ける客。昼間は出ない人間の素顔がそこにあった。それをなだめたり、すかしたり。客あしらいは抜群だった。

 投資も人の思惑の読み合いだ。会社に入り、経済や企業財務を勉強してみると、夜の世界の体験に通じる部分が多く「想像以上に面白かった」。人生をかけられる仕事、それは案外近くにあった。

 足りない知識を埋めるため、寝る間を惜しんで本を読んだ。入社四年後にファンドマネジャーへ昇格。運用成績でもトップになり、現場の最終意思決定者になった。

 運用規模は「メガファンド」と呼ばれる大手とは比べられないが、一九九九年の立ち上げ以来、減ったことがない。業界ではまれという。

 自由人の性分がまだ抜けず、実はこれから激務の合間に渡米し、金融機関などの見習いとして働く。顧客の大半は百万円、二百万円という金額を預ける個人投資家だ。その期待を裏切らないための武者修行に“フリーター”はうってつけなのだ。(敬称略)

-----

引用終了

世襲に対する批判もあるようですが、世襲は必ずしも悪い訳ではないし、要は運用のスキルがあり、運用者として優秀であればいいと思います。

ただ、彼は、メールサービスのプロフィール欄に、「哲学=悪乗り 、最近のたくらみ =全社員サーファー化 」と書いており、軽さが、少し気になります。。

さわかみ投信(株) パワーあふれる社員紹介

個人的には、さわかみファンドではなく、TOPIX連動型ETFでいいと思うのですが、さわかみファンドの理念はいいと思います。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2008.12.21 Sun l 投信・ETF l コメント (4) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/8-4dded941
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)