TOP > 経済・社会・金融動向 > ご覧のページ

100 Yen Coin - 100円玉

日銀の政策決定会合で消費者物価2%の上昇を目指すインフレ目標、無制限・無期限緩和を決めました。これで破茶目茶な日本破綻・ハイパーインフレ・円安の恐れは減少したと思います。

スポンサーリンク

一部の与党議員が主張していた「2年間」という2%達成までの期限は盛り込まれませんでした。2年以内に達成となると、手段を選ばずにメチャクチャな緩和をする必要があり、非常に危険な相場のオーバーシュートがあり得ると思っていました。こうなったら100%の外貨シフトも検討していました。

米国を始めとする諸外国で採用されているフレキシブル型の金融政策であり、暴走機関車十字軍となることは避けられました。

また、安倍首相は「財政規律は極めて重要だ。プライマリーバランス(基礎的財政収支)の黒字化も目指していく。経済再生と持続可能な財政措置の双方を実現する道筋を検討する」と述べており、財政規律をガン無視することはなさそうです。

「中長期的に財政規律に配慮しつつ、短期的には景気に配慮することも大事」というのは、米国の財政の崖問題にあたって、バーナンキFRB議長も述べていることです。

また、麻生副総理兼財務・金融相、菅官房長官からは、「日銀法改正の必要性はなくなってきている。今は考えていない」旨の発言が出ています。

脳が溶解しているのではないかと心配になる諸ブレーンや電波評論家が言っていることがモロに採用される危険性は低下していると思います。

私が11月に述べていた<ように、禁断の果実には踏み込まず、米国のようなイメージを彷彿とさせる金融緩和にソフトランディングしそうです。

今後の日本のメインシナリオ・サブシナリオ

しかし、日本の諸制度がインフレを前提に設計されており、痛みを伴う改正が難しいこと、膨大な財政赤字をソフトランディングさせる必要があることから、もはやインフレ調整による国民から国への所得移転は避けられないのかなとも思います。

東西ドイツ統一やユーロ導入などの特殊事情はありますが、1980年台は日本並みに低インフレだったドイツのインフレ率が、徐々に上昇して2%前後が定着した例もあります。

インフレ率(年平均値)の推移(1980~2012年) - 世界経済のネタ帳


貿易収支赤字が定着しつつあり、将来的な経常収支の赤字化も懸念されています。循環的な経済の復調によるリスク・オン、為替移動平均乖離線(24ヶ月)が±0を突破した後の過去の推移等に鑑みると、95~100円程度までの円安はある気がします。ただし、以前から述べているように1~2月は短期的調整がある気がします。

USDJPY1992-2012_20121217005743.png
(※楽天証券マーケットスピードより。クリックで拡大)


スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.01.22 Tue l 経済・社会・金融動向 l コメント (6) トラックバック (0) l top
    コメント
    No title
    マーケットはご不満なようですが、
    日銀の打ち出したものが穏当なものだったので、
    安堵ですね。
    まあ、4月に安倍さんによってクビになることが確定的な白川さんが、
    安倍さんに義理立てして、
    自分が今まで言ってきたとことをひっくり返すことが有り得ないのは、
    よくよく考えてみれば当然でした。(^^)

    しかし、100%外貨シフトも検討されてましたか・・・・・・。
    私はちょっとぬるま湯に漬かってたな。
    もっと真剣に考えないといけませんね。><
    2013.01.23 Wed l mushoku2006. URL l 編集
    茶番劇
    今までの日銀と自民党の掛け合いはすべて財務省が仕組んだシナリオ通りでしょう。財務省としてはなんとしても消費税増税を2014年4月に実行したい。
    そのためインフレ期待円安、株高を起こして今年の10月の閣議で仮にCPIが上がっていなくても増税承認に持っていくための流れでしょう。
    財務官僚は国債大量発行をする気は本当はないし、財政健全化を図る意図があるのでそのために景気にあまり左右されることがない財源、つまり消費税増税が必要なんです。
    2014年はどんな年かといえば日本の人口のコブである団塊の世代がすべて65歳以上になり国民年金を受給し始めるんです。かつ高齢化に伴い医療費増加が避けられないので財務省としては消費税を増税し国民から広く浅く徴収したいのでしょうね。
    すべてはマスコミを総動員した国家的喜劇だった、
    ワイルドだろ~w
    2013.01.23 Wed l 下町の投資家. URL l 編集
    Re: No title
    材料出尽くしで一度調整という雰囲気ですね。
    日銀はこれまでの説明との整合性をとろうという苦肉が文書から滲み出てますね(^^)

    外貨シフト100%は最悪のシナリオで、そういう事態にはならないだろうと考えていました。
    メインシナリオの通りとなりそうでよかったです!

    世界経済がこのまま良くなってほしいですね。
    2013.01.23 Wed l まつのすけ. URL l 編集
    Re: 茶番劇
    面白い見方ですね!

    財政拡張&金融緩和が、参院選勝利のために重要な地方の票を獲得でき、霞ヶ関のどの象徴も反対せず(財務省も消費税増税のためにはOK)であることから、自民党が参院選勝利のために組んだシナリオのような気が個人的にはします。

    参院選で自民党が連勝した場合は、安倍さんが胸に秘めているのが参院選後に色々と出てくる気がします。


    財務省はやはり凄いと思ったのは、今回の共同声明に内閣府・日銀と並んで、しっかりと財務省の名が載っていることです。大蔵省時代よりは弱体化しましたが、やはりドン的な存在ですね。
    2013.01.23 Wed l まつのすけ. URL l 編集
    相互リンクのお願い
    まつのすけさんが以前から話してた通り、1月・2月と調整期間になりそうですね。お見事!

    今回は相互リンクのお願いでコメントさせていただきました。

    私は、積立投資を主にしてるので、リンク先もインデックス派の方が主流です。

    しかし、まつのすけさんのスタイルや考え方には、納得できる部分も多く、勉強になります。
    (私は、投資スタイルは違っても、良いものは良い!という考えです。)

    もし、ご迷惑でなければ相互リンクをしていただけないでしょうか?ご検討いただければ嬉しいです。

    kaoru.
    2013.01.24 Thu l 相談員kaoru. URL l 編集
    Re: 相互リンクのお願い
    相互リンクのお誘いありがとうございます。ぜひよろしくお願いします!

    私もインデックス投信やETFを利用しています。積立はしていませんが、ひとつのスタイルであり、2008~2011年の株価低迷期にもコツコツ買えるのがいいと思います。

    当方もリンクさせていただきました。今後ともよろしくお願いします(^^)
    2013.01.24 Thu l まつのすけ. URL l 編集
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/786-e5da3823
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)