TOP > 経済・社会・金融動向 > ご覧のページ


週刊 ダイヤモンド 2013年 1/12号 によると、ついに毛髪再生治療が現実的になっているそうです。

スポンサーリンク
健康保険がきかない自由診療においては、最速で5年程度で治療が開始する可能性もあるとのこと。世界中の男を悩ませてきた薄毛の悩みは、10~20年後は消滅する可能性もあります。

毛包上皮系幹細胞と毛乳頭細胞によって毛包の原形を培養してから移植することによって、毛が自然に生えてくる可能性が高まっているようです。フサフサに戻すのも夢ではないとのこと。

もちろん髪の毛だけではなく、臓器再生医療の研究も進展しているようです。医療技術のますますの発達によって、20~30年後は更に利便性が高くなりそうです。副作用なしに諸々の大病が治療できるようになったら素晴らしいですね。夢がある分野です。

気になる毛髪再生治療のお値段ですが、200~300万円が想定されるそうです。300万はBMW116iの車両本体価格並みですね。さすがに健康保険の適用は難しそうですし、当初はまとまったコストがかかってしまいます。

ただ、毛髪に悩む人に対する健全な解決策が出てくるのは望ましいことです。アデランスやリーブ21のかつら事業は壊滅的な打撃になることが予想されます。毛髪再生治療のサロンを開始する可能性が極めて高そうですね。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.01.08 Tue l 経済・社会・金融動向 l コメント (2) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/765-3ca8348e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)