TOP > 経済・社会・金融動向 > ご覧のページ
ネットバンキングを通じて不正にお金を奪われる事件が増加しているようです。セキュリティ上、安心してネット銀行やネット証券を利用するために心掛けていることを教えて頂きたい旨のメールを頂きました。

ネット銀行・証券から不正に他の口座に送金されてしまう原因は、主に以下のいずれかだと思います。

(1)パスワード・クラックによってID・パスワードを破られてしまう。
(2)ウイルス感染

この脅威に対して、(1)複雑IDパス・慎重なクリック・ウイルスソフト、(2)銀行・証券会社の設定の2つの側面から対応策をとっています。 以下、順に述べます。

(1)複雑なIDパス設定・慎重なクリック・ウイルスソフト

単純なID・パスワードだと、パスワードクラックで破られてしまう危険性が高くなります。辞書攻撃、類推攻撃、総当たり攻撃(ブルートフォースアタック)などの手法があるようです。クラック用の専門ソフトも存在しています。

ID・パスワードの設定にあたっては、できるかぎり複雑にすること、人名・誕生日・意味のある単語は使わないこと、英語・数字・記号を混ぜることが重要でしょう。

覚えるのが大変ですが、多額を入れている銀行・証券のID・パスワードは複雑怪奇に設定しています。また、当たり前の話ですが、怪しいメールは即座に削除すること、安全性が定かでないWebサイトに近寄らないことも重要ですね。銀行や証券を装ったメールが流れていると報道されてるため、金融機関のメールからの直リンクは原則として開かないことにしています。

SNSの素性が不明の人や掲示板に貼られているリンクも、安易にクリックしない方がいいと思います。一見正しく見えるURLでも、一部の文字が違っていたり改ざんされていて、危険なサイトに誘導されることもあるでしょう。

銀行の正規のサイトにログインした直後、暗証番号等を入力させる偽画面を表示するウィルスも出ているようです。恐ろしい・・・。

ウイルス感染を避けるため、PCにはウイルスソフトを入れています。私が入れているウイルスバスターだと、リンクの安全性を表示する設定ができます。安全なリンクだと、緑のチェックマークが出ます。チェックマークにカーソルを合わせると吹き出しが出ます。

ウイルス

 スポンサーリンク

(2)銀行・証券会社の設定

複雑なID・パスワードを設定して、ウイルス感染に細心の注意を払っても、ID・パスを破られてログインされる可能性もゼロではありません。そこで、銀行・証券側でメール通知の設定をしています。

ネット銀行の例
例えば住信SBIネット銀行は、振込手続きがされた場合、ケータイにメール通知する設定が可能です。

住信SBI


振込手続がとられたらケータイに通知が来るため、例えば1日の振込限度額を5万円に設定していたら、被害は5万円で食い止められる可能性が高いです。


mailinfo (1)


多少手間がかかりますが、限度額を0円にしておいて、振込手続きを取る前に毎回限度額を上げるようにすれば、更にセキュリティを高めることができます。振込限度額のアップには、キャッシュカードの裏面や別途送られてくるカードに記載されている第2暗証番号を入力する必要がある銀行がほとんどです。


ネット証券の例
ネット証券の場合は、出金先口座の変更や出金手続きがあった場合、ケータイへのメール通知の設定が可能な会社が多いです。一例として、松井証券を挙げます。

matui.png


mailinfo (2)


出金先口座の変更・出金依頼があったら、ケータイに通知が来るので、被害を食い止められる可能性がアップします。


まとめ

ネットバンキングやネット証券は、セキュリティ・リスクがあります。不正にお金を引き出される可能性はあります。

しかし、振込手数料が無料だったり、金融商品の購入手数料が安価で、窓口やATMに行くことなく機動的に取引可能なで、利便性は非常に高いです。

車や包丁と同様にリスクはゼロではありませんが、前述のような手段でセキュリティには最大限の注意を払いつつ、利用していきたいと考えています。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2012.10.27 Sat l 経済・社会・金融動向 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    コメント
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/709-80a9f881
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)