TOP > 投資対象 > 不動産・REIT > ご覧のページ
とあるマンション


マンションの長期修繕計画は重要です。マンションはついつい人任せ的なスタンスになってしまいますが、管理や修繕計画の巧拙はダイレクトに資産価値という形で返ってきます。

修繕積立金については、販売の観点から当初の毎月の支払いを抑えるために低く設定されるケースが多いようです。そういうマンションでは、積立金が不足して、将来的に維持管理に必要な支出ができなくなる可能性が出てしまいます。

スポンサーリンク
当初の毎月のコストを抑えようと修繕積立金を低く見積もっているマンションでは、10年後・20年後などの時期に行われる大規模修繕時に積立金が不足する事態に陥り、一時金を徴収して修繕積立金も上げるケースも少なくないようです。

20~30年後のコストは当初の3~4倍となるマンションもあるそうです。

管理費や修繕積立金は上がる可能性があり、特に修繕積立金は販促の観点から低く見積もられているケースがあることを認識しておいた方が無難。特に相場と比べてあまりに安いマンションは要警戒でしょう。

相場観を磨くには、公的機関が発表している資料を参考にするのがいいでしょう。例えば、以下のようなものがありました。

マンションの修繕積立金に関するガイドライン(国土交通省)

分譲マンション長期修繕計画・計画修繕ガイドブック(東京都都市整備局)

国土交通省の上の資料(平成23年4月)によると、修繕積立金額の平均値は、以下の通りとなっています。

15階未満・建築延床面積5,000㎡未満・・・218円/㎡・月
15階未満・5,000~10,000㎡未満・・・・・・202円/㎡・月
15階未満・10,000㎡以上・・・・・・・・・・・・・・178円/㎡・月
20階以上・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・206円/㎡・月


この数字に比べてあまりに低かったり高かったりする場合は、理由を調べてみてもいいかもしれません。低すぎる場合は、将来的には値上げの可能性があるでしょう。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2012.10.02 Tue l 不動産・REIT l コメント (3) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/676-d7c5916b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)