TOP > 保険 > ご覧のページ
■先日ライフネット生命の保険は割高であるというエントリーをアップしたところ、ネット上でライフネット生命の熱心な信奉者の方々(以下、ライフネッター)が湯気ポッポになっているようです。

ライフネッターの主張には、以下のようなものがありました。

1.保険料の安さではなく、イベントやネットを通じたコミュニケーションが大事
生命保険会社相手に、イベントやコミュニケーションを求めるとは、大変失礼ですが、余程寂しいのかなと思ってしまいました。ただ、嗜好は人それぞれなので、否定はしません。保険会社社員とのコミュニケーションに思う存分ハアハアしてください。

しかし、保険料ではなくて、コミュニケーションが大事だというなら、大手生保が一番ということになります。電話一本でお姉さんお兄さんが飛んできて、30分でも1時間でも話し相手になってくれるでしょう。また、各種の相談会やイベントも開催しています。

ライフネッターの多くは、「大手生保は営業マン・レディーの人件費が上乗せされていて、保険料が高くてケシカラン。シンプルで保険料が安いライフネットはいいね」と言っていました。

リアルのコミュニケーションはけしからなくて、ネットのコミュニケーションは素晴らしいとなる思考がよくわかりません。

また、大手生保はコミュニケーションがあるけど保険料が高くてケシカランと散々批判していたにもかかわらず、保険料ではなくてイベント・コミュニケーションが大事というのは自己矛盾・論理矛盾です。

スポンサーリンク
2.保険選びにおいて、保険会社への共感があってしかるべき
保険料以上に保険会社への共感が大事だそうです。ではライフネット生命の経営理念は何でしょうか。

同社のウェブサイトを見てみると、ライフネット生命の特徴として6点挙げられており、その筆頭が「1.保障はそのまま、だけど保険料が安い。それには理由があります」となっています。また、以下のようなことが書かれています。

生命保険よりも、もっと大切なことにお金を使ってください
「ライフネット生命はわかりやすく、安くて便利な保険商品を、インターネットで提供する生命保険会社です」

同社のマニフェストでは、「生命保険料を、安くする」という章を設けている力の入れようです。

また、同社の出口社長は、プロフールの最初に「保険料を半分にするから安心して赤ちゃんを産んでほしいと思って、ライフネット生命を立ち上げました」と書いています。

つまり、ライフネット生命の経営理念・特徴の第一は、保険料の安さなわけです。シンプルで安い保険を提供することを最も重要な使命としているライフネット生命に共感しているにもかかわらず、シンプルさ・保険料の安さを最重視しないのは、論理矛盾・自己矛盾しています。

また、そう言うなら、大手生保に共感して大手生保に加入する人を馬鹿にしてはならないでしょう。ライフネットに共感して割高な保険料を払うのは立派で、大手生保に共感して割高な保険料を払うのはダメだというのは、意味不明です。


3.後追いはかっこわるい・キライ
なぜかライフネッターの中では、ライフネット生命が安価な保険の先駆者であり、他の保険会社はライフネット生命の後追いをしたことになっているようです。これは完璧な事実誤認です。

ライフネット生命はドヤ顔で「大手生保の半分の保険料」と述べていますけれども、ライフネット生命誕生の前から、大手生保よりも大幅に安価な保険料の保険会社・共済は存在していました。

生命保険では、損保ジャパンDIY生命、オリックス生命、全労済、コープ共済など、医療保険では、アフラック、損保ジャパンひまわり生命、オリックス生命、三井ダイレクトなどが大手生保よりも大幅に安い保険料の保険を提供していました。

他の保険・共済がライフネットの後追いだというのは単なる妄想であり、むしろライフネット生命が、損保系生保・カタカナ系生保・共済の後追いです。

ただし、損保系生保・カタカナ系生保・共済は行儀がよくて、露骨に大手生保を狙い撃ちした広告・キャンペーンを大々的には行ってきませんでした。大々的な反・大手生保キャンペーンを最初に開始したのはライフネット生命でり、ライフネット生命が先駆者なのは露骨な他社攻撃です。

今はライフネット生命が大手生保に対してしかけた露骨な他社攻撃キャンペーンが、ブーメランのように自分に返ってきたという状況です。まさにブーメラン君です。

自分達が他の保険会社を「あいつらはオレ様の2倍の保険料」と散々攻撃してきたのですから、自分達が保険料高いと他社から言われても自業自得としか言い様がありません。

ライフネットが他社攻撃をしていなかったのなら、私もオリックスは品がないなと思います。しかし、ライフネット自身が品のない攻撃をしてきたわけです。ライフネットは自分がやったことを返されているだけです。


■ライフネット生命には、このような自己矛盾・論理矛盾・事実誤認に溢れた信奉者がいます。この力はすごいなと思います。

皮相的なコミュニケーションや、印象・イメージのよさを武器に、「共感」を獲得して割高な保険を売り込むという、ライフネット生命のマネタイズ能力には感服しました。個人的には、AKB48プロデューサーの秋本康氏に次ぐNo.2のマネタイズ力だと思います。

人気ホストクラブは恋愛ごっこで高収益をあげていますが、ライフネット生命はお友達ごっこで高収益を上げています。同社は人気ホストクラブ並の高収益を上げるポテンシャルを秘めていると思います。

ライフネット生命の契約者になるのに経済合理性は感じませんが、株主になるのには経済合理性を感じます。

したがって、同社の株式購入を検討します。ライフネット生命に資本参加し、ライフネッターが支払った割高な保険料の果実を享受するのは、よい投資になる気がしました。ライフネット生命のファンの皆様、今後ともライフネット生命を宜しくお願いします。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2012.07.21 Sat l 保険 l コメント (16) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/638-06421b31
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)