TOP > 資産運用の考え方 > ご覧のページ
■日米独英蘭スイス・カナダなどの金利が急低下しています。10年国債利回りは、日本0.8%、米国1.5%、ドイツ1.2%まで一時は低下しました。ドイツの2年国債は一時、歴史上初めてマイナス金利に突入したそうです。

インフレ率が低い日本はまだ実質長期金利がプラスですが、他国は10年国債利回りがインフレ率をはるかに下回る状況です。インフレ率2〜3%の国の10年債利回りが1.2%というのは悪い冗談です。自発的金融抑圧状態です。

米独英のインフレ率が日本状態になるのを織り込んでいる動きですが、さすがにそれはないんジャマイカという気がします。パニックもしくは、行けるとこまで行くチキンレース状態で、まさに債券バブルの状況だと思われ、到底ここで長期ものの国債は買えません。金利低下余地はありますが、さすがにここからの金利低下は限られる気がします。

スポンサーリンク
日本国債は日銀の包括緩和もあり、イールドカーブが盛大に潰されて2年債までは0.10%に張り付いており、5年債も0.2%を割るところまで来ました。。信用スプレッドも限りなく低下しており、社債も妙味がない状況。

債券投資家の犠牲の下で包括緩和が行われているわけですから、一刻も早く好景気に戻ってほしいところです。。「銀行や生保は国際暴落に怯えてる」という流説が出回ったりもしていますが、多くの機関は逆の考えであり、「国債価格が上がりすぎて困ったコレ、、もうちょっと下落(金利上昇)しろや」と考えている気がします。

機関投資家は、利率がどうであれ一定程度は買わなければならない事情があったりもします。個人はそのようなことはありませんので、国内債券については、0.3~0.5%程度の高金利銀行の1年定期預金か、個人向け国債(変動金利10年)がいいと思います。

この利回りで2年以上の年限の債券は買えません。また、米独英蘭スイスカナダなどの外債も買えません。為替のエクスポージャーがほしかったら、長期債ではなくFXがいいと思います。

信用力が高い債券は、不景気の時に価格が上昇(金利が低下)し、好景気の時に価格が下落(金利が上昇)するのが基本です。世の中が暗い時に売り、世の中が明るい時に買うのがベターです。

私はさわかみファンドの澤上篤人氏が「今から国債を買うやつはバカだ」と言った2006年、および2007年、原油高騰で利回りが急上昇した2008年5月に5年国債を購入しました。

その後の国債価格の推移は以下の通りです。

10年国債

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2012.06.07 Thu l 資産運用の考え方 l コメント (4) トラックバック (0) l top
    コメント
    おはようございます
    いつも有意義な記事の配信ありがとうございます。
    債券は世の中が暗いとき(価格上昇・利回り低下)に売り、株式は世の中が暗いとき(株価下落・PER低下、利回り上昇)に買う。
    そうして株式は世の中が明るいときに売り(株価上昇)、債券を買う(好景気でクーポンレート上昇)

    まさに株と債券の適切な乗り換えです。
    現在は債券売り、株式買いのチャンス到来といえるでしょう。
    2012.06.09 Sat l 江戸の隠居. URL l 編集
    No title
    いつもながら、勉強になります。

    もともと、貴殿のブログを読むようになったのは、ギリシャ問題で国債というものの仕組みに興味を持ったからです。以前下記のような質問をweb上でしたのですが、イマイチ理解できず、たどり着いたのがここでした

    http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7330519.html

    金融のことはさっぱり門外漢なので、質問自体があさっての方向であったり、初歩的すぎてプロの方がスルーしてしまう程度のことなのかもしれませんが、僕にはイマイチ国債の仕組みがわかりません。お暇なときにでもブログのネタにしていただいたら、幸甚です

    この週末は、貴殿が紹介されていた 『弱い日本の強い円』がアマゾンから届いたので、これで勉強します。
    2012.06.09 Sat l atsu. URL l 編集
    Re: おはようございます
    今の世界各国の国債の状況はパニックだと思います。更なる混乱があるかもしれませんが、そろそろいい時期に来ている気がします。仮に欧州の混乱等で株が暴落したり債券が暴騰したら、千載一遇のチャンスの気がします。
    2012.06.09 Sat l まつのすけ. URL l 編集
    Re: No title
    はじめまして。ありがとうございます!

    gooのQAのとおり、国債を購入する側は、将来の徴税・政府資産の売却などによる支払い能力を評価して購入することにないます。ただ、支払いが滞ったからといって、他国の政府資産を差し押さえたりはできず、アルゼンチンやロシアの例のように、借金を踏み倒すと開き直られたらそれまでとなります。

    既にギリシャは独自で国債で資金調達できない状態であり、緊縮財政と引き換えにギリシャへ融資を行うという救済措置が講じられています。

    それが打ち切られたらギリシャは政府の支出が賄えず、独自紙幣(ドラクマ)を発行せざるを得なくなり、事実上のユーロ離脱となります。

    ギリシャのユーロ離脱によって、市場の南欧諸国への懸念が増加し、スペインやイタリアも国債で資金調達ができない状態になってしまうと、ドイツやフランスでも救済しきれなくなり、またドイツやフランスの金融機関も大損害を被る可能性があると言われています。

    そうなると、ドイツにも火の粉が飛んでくる(ドイツも国債利回りが上昇して資金調達が難しくなる)可能性があると思います。それを恐れて、ギリシャのユーロ離脱を避けようとしていると思います。

    ギリシャがユーロ離脱した場合は、それ以外の国でユーロ共同債導入などの措置が出てくるかもしれません。
    2012.06.09 Sat l まつのすけ. URL l 編集
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/618-a2e30929
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)