TOP > 投資対象 > 不動産・REIT > ご覧のページ
■夕張市やギリシャの実質破綻があり、欧州は炎上中です。米国の地方州にも危機が囁かれている州があります。先進国の国家や地方自治体の破綻はないというのは“オールド・ノーマル”です。

夕張市では、地方税や国民健康保険料アップ、行政機関や公立学校の統廃合などの公的サービス縮小が行われました。今後は不動産購入時、特に住宅購入時は、地方自治体の財政状況も考慮に入れる必要があるかもしれません。

スポンサーリンク
■最低限のチェックポイントとしては、以下3点が挙げられています。

1.実質公債費比率
これは収入に占める借金返済の重みを示す指標であり、都市部で20%を超えていたら要注意だそうです。

2.実質収支比率
イメージ的には1年間の年間収支に近い指標であり、この赤字や±0近辺が長年続いている自治体は危険です。

3.財政調整基金
これはイメージ的には自治体の貯金であり、これがどんどん目減りしている場合は危険です。家計で赤字が続き、貯金が目減りしているのと同じイメージです。

これらの指標は、総務省や各自治体のホームページなどで公表されています。住宅購入前はチェックしましょう。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2012.05.15 Tue l 不動産・REIT l コメント (0) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/557-29dea48b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)