TOP > 家計・公的年金・社会保険 > ご覧のページ
東電の電気料金は値上げとなり、省エネの重要性は増しています。

家計のコストカットでどこを重視するかは人それぞれで、好み・嗜好によって、抑える費目とおおらかな費目が出てきますね。

私は通信契約の工夫による通信費の抑制、クレジットカード・電子マネーの活用、図書館の活用などについては積極的です。

食費、旅行費、電気水道・光熱などにはおおらかな性格です。お風呂の残り湯は活用しませんし、電気代・ガス代にも特に気は使っていませんでした。

電気代の値上げを契機として、電気代に対する意識を少し向上させようと思いました。

スポンサーリンク
ざっくり調べたところ、費用対効果に鑑みて私ができそうなのは、エアコンでした。エアコンは電気を多く使う家電のうちの一つであり、ここの費用を抑えると効果が高いと思われます。

エアコンは設定温度に向かって稼動するときに最も電力を使うそうです。したがって、エアコンをつけたり消したりを繰り返すと、余計に電気代がかかる恐れもあるそうです。

つけたり消したりするよりは、設定温度を夏は高め・冬は低めに設定する方が望ましいそうです。また、自動機能を利用するのも効率的だそうです。

これは簡単にできて効果もあるので、これからの季節、暖かくなりすぎないように、エアコンの温度はほどほどに設定しようと思います。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2012.11.04 Sun l 家計・公的年金・社会保険 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/556-633ae98f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)