TOP > 家計・公的年金・社会保険 > ご覧のページ
先日はauがMNPに力を入れており、大盤振る舞いをしていることについて述べました。先週末に大手家電量販店に立ち寄ったら、ソフトバンクも魅惑的な価格設定をしていました。
スポンサーリンク
ソフトバンクの場合、MNPでiPhone4S(16GB)を契約すると、一括6,800円で毎月割-1,920×24ヶ月でした。つまり、2年間使えば-39,280円です。

これに対してauの方は、一括0円で毎月割-2,140円×24ヶ月であり、-51,360円です。

端末代・毎月割はauの方が有利ですが、ソフトバンクの方はパケット通信料が安価というメリットがあります。

2年間のトータルコストを計算すると、ソフトバンクは、(980円+315円+4,410円)×24ヶ月=136,920円です。auは、(980円+315円+5,460円)×24ヶ月=162,120円です。

したがって、両社のトータルコストの差は下表の通りとなり、auの方が13,120円高い結果となりました。ドコモユーザーならどちらの選択肢もあるので、auの電波代に月約547円支払うか否かという選択になりますね。

無題

以上は大手家電量販店の話であり、街の小さなケータイショップだと、キャッシュバックなどがある店もあるでしょう。ネット等で色々と情報収集すると、思わぬ当たりが見つかるかもしれません。ケータイショップはTwitterで割引情報をツイートしたりもしています。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2012.03.28 Wed l 家計・公的年金・社会保険 l コメント (2) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/509-d4f875fd
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)