TOP > 家計・公的年金・社会保険 > ご覧のページ
今月でケータイの2年間の契約が終了したので、MNPでauに乗り換えました。auは他社から契約を奪おうと、MNPの契約に形振り構わぬ優遇をしています。

iPhone4S(16GB)だと純粋ゼロ円で毎月割がトータルで約51,000円でした。2年間使えば、iPhone4Sがゼロ円どころか、マイナス51,000円となります。

Androidの一つ前のモデルは、キャッシュバック4~5万円プラス毎月割3~4万円です。2年間使えば、ゼロ円どころか、マイナス7~9万円です。
スポンサーリンク
auの大盤振舞いについて、ネットの一部界隈では「あう神」と呼ばれていました。個人的には、あう神の圧倒的な価格競争力の前には、ドコモや孫正義氏の神通力も色褪せます。

現時点では、2年ごとにMNPが最も経済合理的だと思います。特に各社の決算期である3月は、決算前の追い込み営業で端末代が安くなるので、3月の契約は特にいいね!です。

auのみならずドコモやソフトバンクも、機種変更よりもMNPの方が断然端末代は安いですし、毎月割引やキャッシュバックがあったりします。

ただ、ケータイ会社のMNPに対する優遇には疑問もあります。さまざまな業種がありますが、一般論としてはお得意様ほど優遇されると思います。しかし、ケータイ業界は逆です。今のような状況では、2年ごとにMNPで移ります。機種変更をする気は到底起こりません。

<関連記事>
SB VS au iPhone4SのMNP価格を比較

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2012.03.24 Sat l 家計・公的年金・社会保険 l コメント (4) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/508-263255e7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)