TOP > マーケット雑感・運用状況 > ご覧のページ
いよいよ2011年が終わりますね。実家で紅白を見ながら、ネットや雑談をしてのんびりしています。2011年の運用を振り返ってみます。

今年前半は米欧が出口戦略へと向かいかけて、世界的にインフレ・株価上昇がコンセンサスでしたが、4月・7月をダブルトップに後半は株価大幅下落・債券大幅上昇の展開でした。

債券を買わなければならない機関投資家は、後半は買い場がなくて本当に苦しい展開でした。敗戦処理的に低金利での債券買いに追い込まれたバイサイドも多かったと思います。

逆にメガバンクは、長期債を売却して益出ししてデュレーションを短期化しており、実に巧みな債券トレーディングだったと思います。来年以降は債券での利益は10~11年ほどには期待できないかもしれませんね。

スポンサーリンク
自分はブログに書いた通り、4月のほぼ高値で株式・REITを売却し、保有割合を大幅にダウンさせたことが助かりました。IPOや信用取引の短期売買も好調で、トータルでは東電の財形貯蓄を上回るリターンを確保できました。東電の財形貯蓄に勝ったのが何より嬉しいです(笑)

本格的にリスク資産への投資を始めたのが2005年であり、7年連続で絶対リターンを獲得できました。今後も長期投資の複利効果を最大限に発揮させるために、通年での絶対リターン獲得を基本として、長期金利+2%程度をターゲットにしていきます。

この7年間で保有資産もだいぶ大きくなってきたため、株式70%といったポートフォリオだと、やられた場合のダメージもかなり大きくなってきました。リスク量は原則として現状の範囲内として、ここはチャンスと確信した場合(直近では09年5月から11年4月まで)のみ、オープンで大きなリスクをとる方針です。

今年は流動性資産の運用利回り向上が個人的なテーマであり、IPOや信用取引の短期売買を活発化させました。IPOは銘柄を取捨選択すれば、誰でもそこそこのリターンを期待できると思いました。来年はこれについても、ブログに書きたいと思います。

今年は皆さんに大幅に遅れてTwitterを密かに始めていましたが、ほとんどブログ更新tweetしかしていませんでした・・・。今後はそれ以外もtweetしようと思いますので、よろしくお願いします。細かい売買記録等はtwitterの方に移行しようと思います。




今年も弊ブログにアクセスいただき、ありがとうございました。
よいお年をお迎えくださいませ。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2011.12.31 Sat l マーケット雑感・運用状況 l コメント (5) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/479-57e41cd8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)