TOP > 資産運用の考え方 > ご覧のページ
2011年が終わろうとしています。今年のクリスマス前には、日本では初の国内格付け機関の格下げがありました。しかし、日本国債市場は貫禄の無反応でした。

日本国債については、悲観的な意見が多いです。少し前にはりそなの細谷英二会長が、「日本国内での国債消化率が80%を切ってくれば、危険水域に入る」と述べたそうです。

日本がヤバイヤバイと言われながらも、今のところ問題が起きていないのは、国債を国内で消化可能な資金循環構造と、それを支える経常収支の黒字でしょう。すわなち、多額の対外純資産と外国勢への依存度の低さが日本の財政を支えています。日本国債の国内消化が難しくなってきたら、いよいよ危険な状況となる可能性が高いです。

スポンサーリンク
今後数年間程度、少なくても2~3年は問題ないと思われますが、10年先20年先はどうなるかわかりません。継続的にこれらの指標を見ていきたいと思います。

なお、たまに「財政破綻対策でFX」などと言う人がいますが、これは厳しいと思います。とあるFX業者(全額信託保全)は、以下のとおり説明しています。

----------
弊社の支払停止、破産等の事由が生じた際に、弊社の過失故意その他弊社の開示する店頭外国為替証拠金取引に係るリスクにより顧客区分管理必要額を正しく算定できていなかった場合には、信託口座で区分管理された信託財産の金額が、顧客区分管理必要額に不足する場合がありえます。この場合には、お客様に帰属すべき信託された資産の一部が返還されないことがあります。
----------

いくら全額信託保全といえども、FX業者の故意過失があり、信託される金額が正しくなかったら、全額戻ってこない事態になりかねないわけです。「信託する金額ミスってたわ~メンゴメンゴ」となったら、ジ・エンドです。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2011.12.29 Thu l 資産運用の考え方 l コメント (6) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/475-8bb8f46b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)