TOP > 経済・社会・金融動向 > ご覧のページ

ここ1~2年K-POPの露出が増え、様々なニュースがありました。

こういうニュースを耳にすると個人的に気になってくるのは、「K-POPの日本での収益は、どのように分配されているのか」という点です。お金のことばかり気にかけてスミマセン。。

たまたま喫茶店に置いてあった昔のAERAにそれが載っていました。女性グループのKARAは昨年末~今年初めにかけて分裂騒動があったそうです。

メンバーの親が、「分配される収入が少なすぎる」「メンバーが望まない芸能活動を強要し、人格を侮辱」などとして、韓国の所属事務所「DSP」を訴えたそうです。

スポンサーリンク

それに対してDSP側の反論があったようです。それによると、「契約上は日本でのCD売上の84%が日本のレコード会社など、8%が日本のマネジメント会社、7%がDSP、1%がKARAに渡り、それは常識的水準」だそうです。

仮に3,000円のCDアルバムが10万枚売れたとしたら、売上は3億円です。このうち2億7600万が日本の会社に入り、2100万円が韓国の芸能事務所に入り、KARAのメンバーに300万が分配されます。

KARAは確か5人組なので、一人当たり60万円・・・。もちろんCD以外の収入は多々あるでしょうが、これだけだとそこそこ高給のサラリーマンの月収並みですね。

ちなみに日本人アーティストのCDはどうかというと、少し昔の音楽業界人の著書や日経エンタテイメントなどによると、新人アーティストで1%程度であり、実績によって上昇するそうです。ヒットを続ける売れっ子になると3~4%まで上昇するという意見もありました。

日本のレコード会社サイドからすると、新人アーティストと同じ程度の印税で契約していることになります。

こうしてみると、アーティストがCDだけで食べるのは、ごく一部のトップ層を除くと、至難の業ですね。ライブや広告出演など多様な活動をしなければ、厳しいと思われます。

iTunesなどで販売した曲はどのくらいアーティストに入るかについては、ざっくりググッてみると、所属レーベルとの契約によりけりだそうです。10%くらいという記述も複数ありました。ただし、これは真贋不明です。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2011.10.09 Sun l 経済・社会・金融動向 l コメント (4) トラックバック (0) l top
    コメント
    1. なるほど

    アーティストという職業の一部は
    利益率は結構厳しいんですね!
    いわゆる抜きさやが大きい業界ということなんでしょうね。

    2011.10.10 Mon l 小粒な山椒、Bryan. URL l 編集
    2. マーケット

    まつのすけさん、こんにちは!

    マーケットは不安定な状況ですねぇ。
    とりあえず以前から続けている先進国・新興国・Jリートのインデックスを積立ててます。
    市場の雰囲気では悲観に傾きすぎかなぁ~なんて思ったりもしますが。

    まつのすけさんはセリングクライマックス待ちですか?
    2011.10.13 Thu l koko. URL l 編集
    3. Re:なるほど

    >小粒な山椒、Bryanさん

    おっしゃる通りでしょうね!アーティストになりたがる人は大勢いるので、レコード会社
    サイドの立場が強いかもしれないと思いました。
    2011.10.13 Thu l まつのすけ. URL l 編集
    4. Re:マーケット

    >kokoさん

    ブログには書き忘れていたのですが、、新興国株式を買いました。一気買いは怖いので、余力はかなり残しています。

    何かのショックがあれば下げてもおかしくないが、欧州で公的資金注入の話が出てきたのは、いい流れだと思います。

    積み立てを行う時期としては、いいと思います。
    2011.10.13 Thu l まつのすけ. URL l 編集
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/449-9e08dc8c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)