TOP > 経済・社会・金融動向 > ご覧のページ

■日本中が注目していたau版iPhone4S。特に料金プランに注目が集まっており、個人的にはauがテザリングを解禁するかに注目していました。

テザリングとは、スマートフォンをモバイルモデム(イーモバイルやWiMAXと同じ)として用いて、PC・iPad・携帯ゲーム機などを、携帯電話回線を通じてインターネットに常時接続させる機能です。

しかし、auのiPhone4Sでもテザリング解禁はありませんでしたorz。私の期待は木っ端ミジンコに打ち砕かれました・・・。やはりiPhoneのような人気端末でテザリング解禁すると、通信量が急増して厳しいのかもしれませんね。

海外ではWiMAX対応のiPhone4Sが出るという噂も出ていました。au-iPhone4SがWiMAX+WiMAX圏外は3Gでのテザリング対応であれば、乗り換え絶必でしたが、“儚い夢物語”&“砂漠の蜃気楼”に終わりました。

スポンサーリンク

パケット通信料は、auが4,980円、ソフトバンクが4,410円と570円auの方が高かったですね。2年間使うとして、570円×24ヶ月=13,680円となります。

スピードの理論最大値はソフトバンクの方が高いですが、これは非常に電波の状況がよく、且つネットワークが空いている時でないと出ないようであり、実際は変わらないという意見が多いです。

したがって、フォーカスは「auの電波料金に13,680円払うか否か」に絞られました。個人的には、ソフトバンクでもいいような気がしてきました。KDDIは他社からの乗り換えには1万円キャッシュバックするそうであり、これだとあまり変わらなくなりますね。

報道には出てこないような、細かい条件を精査した方が無難。例えば、auは家族間の通話は24時間無料だったりします。個々人の志向や利用状況、家族の加入状況などで結論は変わってくるかもしれませんね。

■iPhone4Sの最大の斬新点は、音声認識操作機能「Siri」だと思いました。あらゆるキーボードを使う場面で、マイクのアイコンが表示されており、これを使えば声を文字化させることができるそうです。

キーボードに打ち込むより早そうですね。面白そう。しかし、対応言語は英独仏。今後対応言語を増やしていくそうですが、日本語は平仮名・カタカナ・漢字・アルファベットが混在するため、難しそうな印象もあります。変換が上手くいかなかったら、使い物になりませんよね。

iPhone4から4Sに乗り換える誘引は個人的には少し弱いです。「4S」は「For Steve」の略なんて噂も出ており、そう言われるとメモリアル感もあり心が揺さぶられますけれども、5待ちにしました。

もちろんCPUやグラフィック・カメラ機能などは格段に進化しており、3GS・ガラケーからであれば文句なしに乗り換えたくなると思います。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2011.10.07 Fri l 経済・社会・金融動向 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/448-15dfeb0b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)