TOP > マーケット雑感・運用状況 > ご覧のページ

■米ドル建てMMFを売却し、CMAM外国株式インデックスeを購入しました。外債・MMFの保有割合は2%まで低下し、外国株式は32%まで上昇しました。債券・MMF売却&株式購入のリバランスを再度行いました。これで11年前半の売買はラストで当面はそのままの予定です。

欧州のストレステストの結果が発表されました。満期保有債券は時価評価対象外ということで、何の意味もなさないという評価が大多数です。

どうもユーロの行く末には、日本における2003年のような事態が待ちうけているような気がしてきました。

ただ、この問題が本格的に火が吹いたら、ユーロ圏以外の国の株式やREIT、ハイイールド債なども大きく下落するような気がします。今年いっぱいは大丈夫で、2012~13年頃かなと妄想しています。

スポンサーリンク

■日本もユーロ圏を高みの見物というわけにはいかず、このままの状況が続くと、10~20年後にはPIIGSを笑えなくなる気がします。。

メガバンクは、金利上昇リスクを減らすために、保有国債のデュレーションの短期化を進めています。

三井住友とみずほは、保有国債のデュレーションを1年強まで減少させ、3月末時点では三井住友は残存期間が10年長の国債残高をゼロにしたと報じられました。

ただし、日本は経常黒字が続いており、東日本大震災で貿易赤字に転落しましたが、経常黒字は続く見通しです。対外純資産も積み上がっており、デフレ基調で低金利であり、当面は問題ないと思われます。

日本破綻関連の言論でお金儲けをしているF氏などは、「この夏にも日本国債マーケットに激震が走る可能性がある」と言っていたそうですが、たぶん何も起こらない可能性が極めて高いでしょう。

しばらくは過度な悲観は不要ですが、10~20年スパンでは楽観できない状況だと個人的には認識しています。

全国銀行協会会長(三菱東京UFJ銀行頭取)は、ロイターのインタビュー で次のように述べています。本来あるべき論は置いておいて、自分がその立場だったら同じことを言うだろうなと思いました。

「現在は金利リスクを管理しながら、国債においておくのが一番固い。

総合的に考えてみれば、期間をいじりながらリスク管理して、目を光らせながらそれ相応に国債で運用していくのが、当面のやり方としては相対的に賢明だ。ベストでないのは分かっている。

預金超過の減少のタイミングはそんなに遠くないと思っているので、常にそういうことを意識しながらやっていく」

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2011.07.17 Sun l マーケット雑感・運用状況 l コメント (7) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/429-b068518c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)