TOP > 家計・公的年金・社会保険 > ご覧のページ
■「高い長財布を買うと、収入が財布の200倍に上がる」旨の内容の本を見かけました。

「年収が高い人は、高い長財布を持っている傾向がある。年収は財布の価格の200倍前後の範囲に収まる」という内容であり、「年収1000万円を目指すなら、5万円の長財布を買いなさい!」というキャッチフレーズでした。

また、その本の著者が登場した雑誌では、「財布の200倍が現在の年収より大きい人は、これから収入が増えていく。小さい人は、これから収入が落ちていく。現在の年収が300万でも、10万円の財布を使っている人は、間違いなく年収2000万の方向に進んでいく」旨の記述がありました。

「高い財布を持っている人は、『この財布にふさわしい金額が入ってくるはずだ』と予感しているのであり、お金はそうした確信を持った人のことが大好きなのだ」ですかそうですか。

「1万円札を奥にして5000円、1000円の順番で頭を下向きに入れる」、「常に7万7千円入れている」そうです・・・。スピリチュアルですね。。

スポンサーリンク
■確かに、年収と財布の価格との間には、相関関係があるでしょう。しかし、「高い財布を持っている→したがって、年収がアップする」という因果関係はないと思います。

年収が高い人はお金に余裕があるため、高い財布を買うのが現実だと思います。因果関係は逆であり、「年収が高い→したがって、高い財布を買う」です。

例えば、財布以外にも、車や家や時計など、年収と比例関係にある物は他にもあります。

この本の論理がまかり通るならば、「年収1000万を目指すなら、300万以上の車を買え」とか、「年収1000万を目指すなら5000万以上の家を買え」とも言えてしまいます。

財布という物は、お金やクレジットカードを収納することから、他の物とは異なる何ともいえない特性があることから、このような勘違いが生じたのかもしれません。

この問題については、堀江貴史氏が、雑誌のインタビューで、「お財布にお札の向きを揃えて入れるとかは、迷信ですね。あるいはオカルト、そうでなきゃお財布プレーかな。」と秀逸なコメントをしていました。


■まとめると、年収と財布の価格との間には、相関関係はあるが、「高い財布を保有→年収アップ」という因果関係はありません。「年収が高い→高い財布を保有」です。

相関関係と因果関係を混同したり、因果関係の向きを誤認してしまうことは、よくありがちなので、大きな意思決定の際は注意したいと思いました。

また、「お札の向きを揃えて下向きに入れる人は、お金に好かれる。そういう人にお金は集まる」という理論は、残念ながら、非科学的な天動説とならざるを得ません。

ただし、そういう信仰によって精神的効用が得られ、効用がコストを上回るのであれば、合理的行動とも言えるでしょう。宗教や占星術、スピリチュアルと似ています。信仰がない部外者が「非科学的だ」と言うのも大きなお世話かもしれません。大いに結構でしょう。

ちなみに、私の財布の価格は約9万円です。以前につきあっていた人からもらいました。(※私は15万円のバックをあげて、レストランやらホテル代やらを散々おごったので、トータルリターンは大幅なマイナスです。。)

万が一ではなく兆が一、年収は財布価格の200倍理論(高い財布保有→年収アップ)が正しければ、私の年収が1800万に上昇することになります。間違っているとは思うが、正しい方が望ましいという倒錯した感情を抱きました。。

<関連エントリー>
長財布でお札の向きを揃えても、お金持ちになれない
新しいお財布に100万円入れる儀式をしても、稼ぐ人になれない

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2011.06.15 Wed l 家計・公的年金・社会保険 l コメント (11) トラックバック (0) l top
    コメント
    1. 同感です。

    いつも楽しく拝見させて頂いてます。
    ちょうど僕も昨日その記事を見たので思わずコメントを(笑)

    なんか成金丸出しの記事で、正直引きました。。。
    ある意味、こんな金の亡者みたいになるぐらいなら、2つ折のボログッチにカード入れまくって使い続けようと思っちゃったぐらいですから。

    金を稼いでいるのに、ホリエモンが人気出る理由がわかりますね。
    2011.06.16 Thu l よゆみみ. URL l 編集
    3. 無題

    面白いですねえ・・・
    私のブログのネタにさせていただきます。m(_ _)m
    2011.06.18 Sat l まつのすけ. URL l 編集
    5. Re:はじめまして

    >よゆみみさん

    ありがとうございます!

    件の本・雑誌の著者は、「二つ折り財布では、お札が折り曲がってしまう。そのようにお札を粗末に扱う人は、お金に好かれない」みたいなことを言ってました・・・。

    私はたまたま長財布なのですが、こういうのが流行ってしまうと、逆に持つのが恥ずかしくなってきました(笑)
    2011.06.18 Sat l まつのすけ. URL l 編集
    6. Re:無題

    >mushoku2006さん

    ブログでのご紹介、ありがとうございました!
    2011.06.18 Sat l まつのすけ. URL l 編集
    7. いつも拝見しています。

    いやはや、私も立ち読みで全部読んだんですが(出版社さんすいません)
    これは、結果と原因が逆だなぁ。。でも読み物としてはキャッチーだな。なんて思ってました。

    この理論がまかり通るなら、クソジャリの女子高生のブランド財布も検証して欲しいところです。

    私は、5000円のエイの革の財布ですので、年収100万ってとこですか、、、

    まあ、いえる事は、財布を大事に扱う人は几帳面。
    はいりゃいいんだよ。的な人は、無頓着。

    わが社にはどちらもいますが、1000円の財布も5万円の財布の社員も大体年収600万程度です。
    2011.06.20 Mon l 張井 帆津太. URL l 編集
    8. 無題

    私が知ってる風水の人は、もともと運いい人はボロい財布でもお金あるし、自分の持ってる運にプラスアルファみたいな事言ってましたよ。

    私は高級住宅街に住んでるんですが、スーパーでいろんな人のお財布見る機会がありますが、マダムは長財布で、クロコやエルメス、安いブランドならコーチは多いがプラダはなし、黒や茶が多く、よく言われてる黄色はない、蛇もない、新札が多いとかの共通点はあります。

    ちなみに私はというと今まで持ったお財布で200倍はいきませんが、それに近いものあります。でもプラダをもった時だけどん底になります
    2011.06.21 Tue l まみ. URL l 編集
    9. 無題

    収入に見合った支出を続けるのはいいことです
    金持ちがその資産に見合った金の使い方をしないと、せっかく移り住んだ高級住宅地も普通の住宅地になる

    ただ現在の支出に見合わないのに、いい家に住んだり、いい財布を買ったりするのは効果がない
    記事にあるとおり、収入が増えた結果→持ち物が良くなる、というのが普通の流れ
    時計の針を早く回しても時間が進むわけじゃない

    最近こういう本が多いですね
    たとえば、「30才までにやっておきたい30のこと」とか、そんな感じの「ああすれば、こうすれば」本
    タイトル見ただけで笑ってしまう
    2011.06.22 Wed l しにすぎ. URL l 編集
    10. Re:いつも拝見しています。

    >張井 帆津太さん

    おっしゃる通りですよね^^

    ギャル女子高生やチンピラヤンキーのブランド財布はどうなるんでしょうね(笑)

    水商売や暴力団家業で、瞬間的に稼ぐのかもしれませんが・・・。

    興味ある人は高い財布を買うし、ない人は買わないってだけですよね。
    2011.06.22 Wed l まつのすけ. URL l 編集
    11. Re:無題

    >まみさん

    黄色がいいんですね。金運の色とかなんですかね。

    そういえば、ポールスミスの福袋に入っていた黄色の財布を売ってしまいました(笑)

    プラダの時はだめだったんですね。そういうジンクスみたいなのあるかもしれませんね。
    2011.06.22 Wed l まつのすけ. URL l 編集
    12. 無題

    同じ話を会社の同僚から聞きました。僕の財布は百円均一のお店で買った105円(税込)です。いつも作業着なので、高級長財布は持てません。100×200=2万円。そんな~って感じです。
    これからも面白い記事を楽しみにしています。
    2012.03.14 Wed l よしりん. URL l 編集
    13. Re:無題

    >よしりんさん

    ありがとうございます!

    高い財布を持ちたい気持ちはわかりますが、200倍理論は無理がありますよね。「財布には1万円札とカード2~3枚しか入れてはダメ」と力説してるのにも、苦笑してしまいます・・・。
    2012.03.14 Wed l まつのすけ. URL l 編集
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/422-32eb655c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)