TOP > マーケット雑感・運用状況 > ご覧のページ

■ここ1ヶ月間に下記の売買を実施し、09年5月からの資産配分を変更しました。

<買い>

・TOPIX連動ETF

・MAXIS日経225連動ETF

・FX(豪ドル/円、カナダドル/円のロング)

・外貨建てMMF(ドル、ユーロ、NZドル)

・ABF汎アジア債券インデックス・ファンド

<売り>

・一部を除く全ての日本株

・海外株式の一部

・J-REITの一部

・海外REIT全て

日経平均が8000円近辺まで下落した日の昼休みに、TOPIXと日経225のETFを購入しました。しかし、怖くて30万弱しか買えませんでした。

リーマンショック後の暴落は、一部の個別株を除いてノーポジションだったので、積極的に購入できたのですが、今回はたっぷりと株式を保有していたので、恐怖を拭えませんでした。

豪ドルとカナダドルは、FXで出していた指値注文がヒットしました。

また、以前に述べた ような観点から、外貨建てMMF・外債ETFを購入しました。どの通貨がいいかは正直よくわからんので、欧米・アジアオセアニアの通貨を幅広く買いました。ユーロはあまり買いたくありませんでしたが、問題点は一定程度織り込まれていると考えて、購入しました。

手数料(スプレッド)が大きいのに、FXではなく外貨建てMMFにした理由は、外貨建てMMFには、為替差益が非課税という素晴らしすぎる特性があるためです。生外債も考えましたが、今の金利では買いたくないのと、万一円転したくなった場合の外貨建てでの元本保全性を勘案してMMFにしました。

他方、3月末~4月上旬にかけて株式とREITを売却しました。

以上により、資産配分を以下の通りに変更しました。

 11年2月末変更後
国内株式27%5%
先進国株式23%13%
新興国株式16%12%
J-REIT7%5%
海外REIT1%0%

外債・外貨MMF・FX

1%15%
円建て債券・キャッシュ25%50%

スポンサーリンク

■日本株の割合を大きく落としたのは、日本株は震災発生前の水準までのリバウンドはあるかもしれませんが、それ以降は上値が重くなり、諸外国をアンダーパフォームするような気がしたからです。

(※精緻な分析をしたわけではありませんので、大して自信はありません)

余談ですが、今後はここ数年のトレンドだった日本企業の海外シフト が加速する可能性もあるのは世知辛いですね。。

また、首都圏直下型大地震 や東海大地震の可能性も無視できない気がしてきました。日本国内で収入を得ており、且つ不動産もあるため、日本のリスク資産のエクスポージャーを下げようと思いました。

外国株式の保有割合も縮小した理由は、リスク・コントロールの観点です。このブログに書いてきたとおり、09~10年にかけて多額のリスク資産を購入し、その後株価が上昇したことから、抱えているリスクが極めて大きくなっていました。

私は、自分のポートフォリオの簡便的な損益目安(+2σ、+1σ、-1σ、-2σ、99%テイル、99.95%テイル)について、エクセルで定期的に計算しています。

それで発生し得る損失額の目安は認識していました。しかし、自分は基本的にはリスク許容度が高くなく、リスク資産を購入するのは、「ここでやられるはずがない。もしここでやられたら仕方がない」と思う場合のみであることから、率直に言うと、そこまでの損失は出ないだろうと高をくくっていました。

しかし、今回ブラック・スワンの襲来を目の当たりにしたことで、虚心坦懐にリアルに-2σや99%テイルの損失が発生したところを想像しました。寒気がしました。

自分の相場観では、09年3月からのサイクルのピークはまだ先だと思っていますが、リスクコントロールを優先しました。今後更に株価が上昇し、結果として機会損失があるかもしれませんが、それは止むを得ないものと考えます。

■今後の方針については、基本的にはホールドです。資産配分変更後のリスク資産額は、これまで得たトータルの収益を下回っているため、心の底から100%何の心配もなくホールドできます。

例外的に、09年3月からのサイクルのピークだと判断した場合は、リスク資産を更に縮小します。逆にもし今後株価が下落し、それが行き過ぎていると判断した場合は、リスク資産を再度増やす可能性もあります。

また、日本経済の状況に“大きな変化”が起こった場合には、外貨建て資産を更に積み増す可能性があります。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2011.04.12 Tue l マーケット雑感・運用状況 l コメント (14) トラックバック (0) l top
    コメント
    1. こむ

    大きな変化とは、破綻のことですか?
    2011.04.13 Wed l komu. URL l 編集
    2. なんとすばらしい運用

    まつのすけさんの恐るべき運用手腕に感服いたしました。
    リーマンショック後までノーポジで我慢し、その後の安い時期に資産の75%ものリスクを取り、そしてたった1ヶ月の間に一気に25%分もの利益確定を行う大胆さ。どれをとっても私にはまねのできないみごとな運用です。リーマンショック後の混乱で相当な資産を失った人も多い中で、無理をせずに資産を倍以上に増やすとは本当にすばらしいことです。
    私のような才の無い臆病者には、サブプライムバブル絶頂期から少しずつ買い続けて、ようやく何とかトントン付近まで持ってくるのが精一杯でした。これからもまつのすけさんの教えを請いながらがんばっていきたいと思います。

    ところで私は今外国株では中国株ファンド(主にH株)を最大ウェイトにしています。中国は主要国では最大の経済成長率を誇るのに、H株のPERは11倍程度とむしろ割安です。理由としてインフレや政治体制の問題も言われますが、新興国はどこも似たようなもので、中国だけの問題ではないと思います。なぜ中国はこんなに割安に放置されていると思われますか?
    2011.04.13 Wed l マネーの竜. URL l 編集
    3. いつも読ませてもらってます

    いつも読ませていただき 参考にさせていただいています
    外貨、外債を購入との事ですが どの通貨にどの程度の割合かも差支えが無ければ教えてもらえませんか
    2011.04.14 Thu l キツネバシ. URL l 編集
    4. 機敏な対応

    為替の方では急落時にチャンスをつかみ、
    同時にリスクアセットを減らされたのですね。
    機敏な対応ですねえ・・・

    私も米国債を売って、
    キャッシュが積み上がりましたので、
    これからどうしようか?
    思案に暮れる毎日です(^^)
    2011.04.14 Thu l キツネバシ. URL l 編集
    6. Re:こむ

    >komuさん

    最終的にはそれです。その前段階として、経常赤字の定着、金利やインフレ率の上昇、国債の国内消化が難しくなることなどです。

    ただ、あと数年ほどは大丈夫だと思っています。

    2011.04.14 Thu l まつのすけ. URL l 編集
    7. Re:なんとすばらしい運用

    >マネーの竜さん

    ありがとうございます。

    不動産バブルや金融機関の不良債権化が懸念されているんですかね。
    後は、中国の人口ボーナスが2012年ごろに終了するということでしょうか。

    ただし、「おかねのこねた」を運営していらっしゃる春山氏も中国には強気ですし、個人的にも今の水準の中国株は安心してホールドできます。インデックス投信の一部で保有しています。

    2011.04.14 Thu l まつのすけ. URL l 編集
    8. Re:いつも読ませてもらってます

    >キツネバシさん

    ありがとうございます。通貨の割合は、以下の通りです。今後は人民元のエクスポージャーをもう少し増やしたいです。

    カナダドル 18%
    豪ドル 18%
    米ドル 14%
    ユーロ 12%
    人民元 6%
    ウォン 6%
    香港ドル 6%
    NZドル 5%
    シンガポールドル 5%
    その他 10%
    2011.04.14 Thu l まつのすけ. URL l 編集
    9. Re:Re:こむ

    >まつのすけさん

    やはりそうですか。
    実は私25000万円ほど米ドルに日本円を変えました。(84円で)これからインフレで米国も利上げするし。為替介入で80円をきることはないので、今は米ドルがリスクヘッジに最適と思った次第です。
    2011.04.14 Thu l komu. URL l 編集
    10. Re:機敏な対応

    2010年5月のフラッシュ・クラッシュ以降、買いたい通貨の安い指値注文を出しておく癖がつきました。
    99.99%は徒労に終わるのですが、ごくごくまれにヒットすることがあるので、これは今後も続けたいと思っています!
    2011.04.14 Thu l まつのすけ. URL l 編集
    11. Re:Re:Re:こむ

    >komuさん

    米ドルの実効為替レートを見ると、歴史的安値ですよね。QE2が終了し、2012年に利上げするような展開になると、ドル円も反転するような気がします。
    2011.04.14 Thu l まつのすけ. URL l 編集
    12. Re:Re:機敏な対応

    >まつのすけさん

    なるほど・・・
    諦めずに粘り強く、
    指値を置いておくことが大切なんですね。
    他にも何人かそういう方が、
    今回の円高局面でヒットされたのを知りました。
    参考になります。
    注文はやはりFXですか?
    他には長期で注文を置いておけるところを知らないのですが。
    2011.04.16 Sat l こむ. URL l 編集
    14. Re:Re:Re:機敏な対応

    >mushoku006さん

    FXです。1週間の注文を出し、失効したら再注文を繰り返していました。
    途中で虚しくなることもありましたが、9ヶ月目でようやくヒットしました。ただ、想定以上に大きく下落して、損失が出てしまう可能性もあるので、今回はたまたまだと思っています。
    2011.04.16 Sat l まつのすけ. URL l 編集
    15. Re:Re:Re:機敏な対応

    >こむさん

    豪ドルとNZドルは、下落するときのスピードが尋常じゃないですよね。実需の売買が少なく、投機トレードが多いんでしょうね。
    日本の財政は破綻必至ではなく、挽回も可能な水準だと思いますが、正しい政策対応がとられるのか不安がありますね。。
    2011.04.16 Sat l まつのすけ. URL l 編集
    16. Re:Re:Re:Re:機敏な対応

    >まつのすけさん

    もしよければ、挽回可能であることのお考えを聞かせてほしいです。個人的考えでは社会保障費の増大は、貯蓄の増大、増税でまかなえるレベルではないと思います。そもそも、今後も貯蓄が増大するか怪しいです。それにご存知のように、日本国債の利回りはアメリカ国債の利回りと連動します。今のような債券バブルの幸運が長く続くと考えるのは希望的観測であるように個人的には思っています。
    2011.04.16 Sat l komu. URL l 編集
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/406-62d08c9f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)