TOP > マーケット雑感・運用状況 > ご覧のページ

■週末定点データ ・日経平均

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2009/3/107,0210.8168.081.30%
2011/2/1810,8431.2916.561.30%

・TOPIX

TOPIXPBR予想PER配当利回りNT倍率TS倍率
973.601.2217.191.85%11.14 0.72
・S&P500

PER予想EPS-10%予想EPS予想EPS+10%
10.97 9491,0551,160
12.47 1,0791,1991,319
13.97 1,2091,3431,477
15.47 1,3381,4871,636
16.97 1,4681,6311,795

・上海総合指数(中国A株)

PER予想EPS-10%予想EPS予想EPS+10%
10.59 2,0342,2602,486
12.09 2,3222,5802,838
13.59 2,6102,9003,190
15.09 2,8983,2203,542
16.59 3,1863,5403,894
■マーケット概況

シカゴ日経平均先物3月限(円建て)の終値は 10845 (大証終値比‐5)。

年明け後、先進国の株価は断続的に上昇しており、堅調な展開となっています。VIX指数は、2010年4月、08年5月、07年10月と3月、06年5~7月と同じくらいまで低下しています。 The Goal

ここまで株価上昇が続くと、そろそろ調整局面がありそうな気もしてきます。中東問題がその号砲となりかけましたが、程なく落ち着きました。

日本株的には、10年4月とのダブルトップを形成してしまうか、4月高値を突き抜けるかの局面かもしれません。

当時の指標と比較してみました。

The Goal

全体的には、前回高値よりは地に足が着いた株価が形成されている感があります。

-5%程度の調整で過熱感を冷まし、再度上昇して4月高値を突き抜けると美しい展開です。個人的には09年3月から始まったサイクルの山はまだ先だと思っていますが、どうなりますかね。

スポンサーリンク

■久保田博幸さんのブログに面白い記事がありました。

財政再建に活かすべき戦後の教訓

以下、牛さん熊さんブログより引用

----------

 日本での太平洋戦争での被害総額は653億円との記述もあり、それに比べて政府負債の大きさは約3倍以上もあった。その政府債務はハイパー・インフレにより帳消しとなったのである。つまり国民への被害は直接戦争によるものよりも、政府債務による帳消しのほうが規模は数倍大きかったことになる。

 卸売物価は昭和9年から11年に比べ、昭和24年には220倍にもなり、まさに国債は紙くずと化してしまったのである。これはつまり「国民からの実質的な金融資産の没収であり大増税に他ならなかった」のである。

----------

引用終了

「戦争による被害よりも、国の借金踏み倒しによる被害の方が、はるかに大きかった」というのが、衝撃的でした。

※もちろん戦争では多数の人命が失われているので、単純比較はできず、純粋に経済的観点のみでの話です。

日本国の財政問題については、以前に書いたとおり、「当面は持続可能であり、対策は兆候が見え始めてからでよい。変化の兆候が発生する前に、コストをかけて過剰な対応をとるとかえって損かもしれない」というスタンスです。

しばらくの間は問題ないでしょうが、長期的に経常黒字が徐々に減少して、経常収支が赤字化すれば、厳しさが増すでしょう。

10~20年後に経常収支が赤字化する可能性は高いというアナリストは多く、国債のファイナンスを海外に頼ることになった時点で、大きな金利上昇が起こる可能性はあるでしょう。そういう状況になったら対策を講じます。

以前に書いていないことを補足すると、最大の財政破綻対策は、やはり「国に依存せずに、自立できるパーソナリティー」でしょう。

具体的には、財産力、語学力、海外でも仕事を見つけられるビジネススキル、海外生活を苦にしないメンタリティーなどです。

英語や中国語ができて、海外でも仕事ができれば、米国、香港、シンガポール、オーストラリア、カナダなどでの海外生活というオプションがとれます。

もちろん、私は日本、特に青春時代を過ごした京都と長年住んでいる東京は大好きで愛着があります。

しかし、日本国に対する愛情と、日本国政府に対する愛情は別物です。

往々にして両者は混同され、為政者は後者こそ愛国心だという刷り込みを行いますが、健全な愛国心というのは、前者を指すものであり、後者ではないと思います。

たとえ配偶者を愛していたとしても、浪費癖が抜けずに、収入に不相応な散財を長年に渡って継続し、膨大な借金を作り、そのつけを自分に回してくる配偶者とは別れざるを得なります。

ここで、経済的・精神的に、そのダメダメ配偶者とどうしても別れられなければ、悲劇となります。

要するに、「愛」と「依存」は別物であり、国に対する愛着とは別問題として、国に依存しないことが重要だと思います。

パーティーで知り合って仲良くなった韓国人女性の友人がいるのですが、彼女は母国語の韓国語に加えて、英語、日本語、中国語の4ヶ国語を流暢に操ります。

ビジネススキル・コミュニケーション能力・メンタリティーも優れており、世界的に有名な企業の日本支社に勤めており、年収は約6000万(企業名と役職から推定)。

最初に知り合ったときは、彼女と結婚して専業主夫になったらいいかもなあという妄想が・・・w

(※100%冗談です。念のため)

彼女のように、世界の多くの国で生きていくことができるというパーソナリティーが最大の財政破綻リスクヘッジになるでしょう。

仮に日本が財政破綻したとしても、財政破綻の前に資産を全て外貨建てにして海外に移し、数年間の混乱期の間に海外で生活できれば、対新日本円で膨大な資産を築くことができます。

90年代末にロシアがデフォルト した際には、海外で外貨建て資産を保有していた人が、ロシア・ルーブル建てで膨大な資産を築き、新・富裕層としての地位を確立したそうです。

イングランドのサッカークラブ・チェルシーのオーナーであるアブラモビッチがその代表とも言われています。

The Goal

ウィキペディア から引用

■ただし、できれば日本で生活したいというのが人情です。「ハイパーインフレが起こってもいい。焼け野原から復活すればいい」という論者もいますが、国民生活は破壊され、おびただしい混乱が発生し、犯罪も横行するようになるでしょう。

やはり、(1)議員・公務員の賃金カット、(2)歳出カット、(3)増税、の3本柱で財政再建するのが望ましい気がします。

ここで重要なのは、(3)の増税の前に、(1)と(2)を行うことだと思います。

消費税アップ等の増税は必要ですが、議員・公務員がまず身を切ってから、国民負担を求めるべきでしょう。

名古屋のように議員報酬50%カットまでいかなくても、例えば、「議員・公務員の給与を10%カットし、それから消費税アップを検討する」とすれば、国民の反応も今とは違うものになってくるのではないでしょうか。

公務員の人件費は約30兆円であり、公務員の人件費を10%カットすれば消費税1.2%、20%カットすれば消費税2.4%分の効果があります。

こう言うと、必ず「公務員数の人口比は欧米と比べて少ない」、「公務員の人件費のGDP比は、欧米と同じくらい」という話が出てきます。

しかし、公務員の定義とカウントの方法が外国と違うのではないか、非正規の実数がどれだけカウントされているのか、税収対GDP比がどの程度かなどの問題があります。

また、公表されている公務員の給与を見ると、ノーリスクの割りには結構しっかりもらってるなあと思うのが率直なところです。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2011.02.20 Sun l マーケット雑感・運用状況 l コメント (4) トラックバック (0) l top
    コメント
    1. 無題

    >>最大の財政破綻対策は、やはり「国に依存せずに、自立できるパーソナリティー」

    確かにそうなんでしょうねえ・・・
    しかし、それは至難だなあ・・・

    >>やはり、(1)議員・公務員の賃金カット、(2)歳出カット、(3)増税、の3本柱で財政再建するのが望ましい

    >>ここで重要なのは、(3)の増税の前に、(1)と(2)を行うことだ

    やはりそうなるんでしょうねえ・・・
    私は議員や公務員の給与が高いとは思っていないんですが、国民感情が許さないでしょうね。
    2011.02.21 Mon l まつのすけ. URL l 編集
    3. Re:Re:無題

    >まつのすけさん

    >>議員の数は多すぎる気がします。

    地方議会の議員数は、ちょっと多すぎるような気が私もします。地域毎に違いはあるんでしょうけど。

    >>公務員の給与カットは、一律カットではなくてメリハリをつけるべきだと思いますし、トップの優秀な公務員の処遇は、もっと上げてもいいでしょう。

    まったく賛成です。
    2011.02.24 Thu l まつのすけ. URL l 編集
    5. 無題

    > やはり、(1)議員・公務員の賃金カット、(2)歳出カット、(3)増税、の3本柱で財政再建するのが望ましい気がします。
    ここで重要なのは、(3)の増税の前に、(1)と(2)を行うことだと思います。

    大大大賛成!
    増税しないと日本の現在の社会保障などが成り立たないことはわかっているんです。でもその前にカットしてください!
    だって会社などは業績で左右されるでしょう。
    私たちは税金も払い、支出が収入を超えないように生活しているのに、なんで借金してまで色々するの!
    財源が捻出できると思っていてけどできなかったから公約を見直すと言ってくれるほうがまだ救われるわ。



    2011.02.25 Fri l ひこたろう. URL l 編集
    6. Re:無題

    >ひこたろうさん

    本当にその通りですよね!「国民のお金はオレのもの、オレのお金もオレのもの」というジャイアニズムからは、いい加減卒業してほしいです。。
    2011.02.28 Mon l まつのすけ. URL l 編集
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/393-d50c4aa4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)