TOP > マーケット雑感・運用状況 > ご覧のページ

■週末定点データ ・日経平均

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2009/3/107,0210.8168.081.30%
2011/3/410,6941.2616.281.30%

・TOPIX

TOPIXPBR予想PER配当利回りNT倍率TS倍率
955.591.2016.911.88%11.19 0.72
・S&P500

PER予想EPS-10%予想EPS予想EPS+10%
10.75 9301,0331,136
12.25 1,0591,1771,295
13.75 1,1891,3211,453
15.25 1,3191,4651,612
16.75 1,4491,6091,770

・上海総合指数(中国A株)

PER予想EPS-10%予想EPS予想EPS+10%
10.84 2,0742,3052,535
12.34 2,3612,6232,886
13.84 2,6482,9423,237
15.34 2,9353,2613,587
16.84 3,2223,5803,938
スポンサーリンク
■マーケット概況

シカゴ日経平均先物3月限(円建て)の終値は 10640 (大証終値比‐60)。

先週は「中東問題がサウジアラビア等まで飛び火した場合は、原油が爆騰して世界経済のファンダメンタルズまで影響が及ぶ可能性があり、その場合は安易な押し目買いはリスキー」旨のことを述べました。

中東情勢は不安定ですが、重要経済指標は堅調な推移となっており、2004~05年をデジャヴュする展開となっています。

<ISM製造業景況指数>
The Goal

<雇用統計>

The Goal

失業率は8.9%となり、2009年4月以来の水準まで低下しました。非労働力(Not in labor force)が6ヶ月連続で増加しており、労働参加率は過去20年間で最も低い水準に低迷しています。

ただし、非労働力の増加数以上に失業者数が減少して、雇用者が増加しており、この点はポジティブ。

中東諸国で起きている混乱が拡大しなければ、09年3月からのサイクルの山はもう少し先のような気がします。キーポイントは、影響力が強い国へ飛び火するか否か、原油価格がどうなるかでしょうか。

この点については、サウジアラビアはエジプト・リビアに比べ国民1人当たりGDPが高く、且つサウジアラビアの統治者がなりふりかなわぬ“お饅頭バラマキ作戦”に打ち出ていることから、最悪の事態まで発展する可能性は低いという意見が、全体的には多い印象があります。

2011年は、原油価格への懸念が落ち着き経済の拡大が加速するという2004年型になるか、原油価格の高騰→リセッションという流れになった2008年型になるか。

「株式はホールドしますが、情勢変化には注意を払って趨勢によっては売却も」というスタンスでいきたいと思います。09年~10年にたっぷり購入してお腹一杯(許容リスクギリギリ)のため、ここからの買い増しは避けます。

J-REITはここ2ヶ月ほどは調整しており、揉み合いになっています。ただし、東証REIT指数1単位あたりの分配金(本ブログでは、「東証REIT・EPS」と呼ぶことにします)は、小幅な上昇が続いています。

The Goal

東証REIT・EPSが上昇しているうちは、価格が下落しても比較的安心です。シンクタンクや不動産関連アナリストの見解では、「日本の不動産市況は底入れ・底打ち局面に入りつつある。ただし、11~12年にかけてのオフィス大量供給問題もあり、楽観はできない」旨の意見が多い印象です。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2011.03.06 Sun l マーケット雑感・運用状況 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    コメント
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/390-82f87950
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)