TOP > ブログ > ご覧のページ

The Goal (出典:ウィキペディア)

今をときめくFacebookのザッカーバーグCEOが、財産の半分以上を慈善団体に寄付することを誓約する「The Giving Pledge」に参加することを決定していたようです。

http://www.youtube.com/watch?v=em6p1-iLKKc

スポンサーリンク

「The Giving Pledge」は、ビル・ゲイツ氏とウォーレン・バフェット氏が推進している慈善活動キャンペーンで、マイケル・ブルームバーグNY市長、ラリー・エリソン米オラクルCEO、バロン・ヒルトン氏(パリス・ヒルトンの祖父)などが参加しており、実際に寄付が行われるのは死後が中心のようです。

The Goal
The Goal
The Goal

(出典:ウィキペディア)

ザッカーバーグの推定資産は69億ドル以上(現在約5700億円)と報じられていましたが、この大半はFacebookの株式なんでしょうね。今は資産がもっと膨らんでいるかもしれませんね。

アメリカでは、富裕層の寄付のニュースをよく耳にしますが、日本では全くといっていいほど聞きません。本当かどうかは不明ですが、日本では名前を出して寄付したりすると批判が起こるので、名前を出して寄付するのは極力避ける傾向があるという話を聞いたこともあります。

岩崎家などを見ているとよくわかりますが、日本では、真の富裕層は徹底的に露出を避けて、できる限り表に出ないようにしてますよね。

完全に余談ですが、テレビに出ているセレブタレントなどは、お金持ち・セレブであることをアピール・露出していることで、実は真の富裕層ではないことを証明しているというのは、少々皮肉な話です。

名前をオープンにするアメリカと名前は極力出さない日本という点は、国民性が反映されている感があります。

日本では、寄付をするのではなく、配偶者や子供に全財産を相続させるというのが主流なのかもしれません。

この点については、1億総結婚だった時代は終焉し、今は3分の1は生涯未婚になると言われていますし、子なし夫婦も増加しています。

なんだかんだ問題はありますが、世界的に見ると日本人は依然として裕福であり、世界的にプチ富裕層の基準である資産100万ドル程度を築く小金持ちが多いとも言われています。

子供がいない世帯を中心に、今後は寄付が活発化するかもしれません。

「実際に寄付が行れるのは死後」というやり方は、多くの人に受け入れやすい考え方ですね。さすがに生きている間は、お金を手元においておきたいと思うのが人情です。

私も遺産の一部はどこかに寄付したいと考えていますが、ザッカーバーグと比べると、スーパー・プレミアム・エグゼグティブ・グランドメゾン・インペリアル級のはした金しか残ってないでしょう・・・orz

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2011.02.24 Thu l ブログ l コメント (2) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/389-1cd0f390
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)