TOP > マーケット雑感・運用状況 > ご覧のページ

■週末定点データ ・日経平均

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2009/3/107,0210.8168.081.30%
2011/1/2810,3601.2116.211.22%

・TOPIX

TOPIXPBR予想PER配当利回りNT倍率TS倍率
919.691.1516.771.94%11.27 0.72

・NYダウ

PER予想EPS-10%予想EPS予想EPS+10%
9.46 8,0798,9779,875
10.96 9,36010,40011,440
12.46 10,64111,82413,006
13.96 11,92213,24714,572
15.46 13,20314,67016,138

・上海総合(中国A株)

PER予想EPS-10%予想EPS予想EPS+10%
9.86 1,8742,0822,291
11.36 2,1592,3992,639
12.86 2,4442,7162,988
14.36 2,7293,0333,336
15.86 3,0153,3503,684
スポンサーリンク
■マーケット概況

シカゴ日経平均先物3月限(円建て)の終値は 10220(大証終値比(‐150)。

S&Pが日本国債を格下げしました。日本の財政状況の悪さは言うまでもありません。ただし、現在の資金循環の構造からは、危機が近い将来に迫っているとは考えがたく、現在の資金循環がいつまで続くかがキーポイントでしょう。

悪い財政状況にもかかわらず、空前絶後の低金利である現状は、(1)日本国債バブルであるか、(2)実はミスプライスがないか、のいずれかでしょう。

実は国債のようなリスクフリーとされている資産がないと、民間の運用主体が、資産運用で困ってしまうという事実もあります。

アメリカで1990年代終盤に財政黒字を達成したことがありましたが、その時には、国債の発行が過少になると、民間に影響が及ぶので、あまりに国債の発行を抑えすぎない方がいいという議論もあったという話を聞いたことがあります。

「国債の最適発行残高がいくらであるか」というのは難しい問題であり、現在の日本では、国債に対して需要が強いことから、このような国債発行高が続いています。

問題はこの構造がいつまで続くかですが、楽観的な意見から悲観的な意見まで錯綜しています。

以前、「プライマリー・バランス(借入れを除く歳入-過去の借金の元利払いを除いた歳出)を均衡(±0)させるには、どのくらいの歳入増ないしは歳出減が必要か」について、以前に一般会計のみを対象に、超大雑把にざっくりと計算したことがあります。

そのときは、消費税増税のみでまかなった場合、20%弱まで上げれば大丈夫かなという印象を持ちました。

もちろん、消費税のみが手段ではないので、実際には、他の増税や歳出カット、経済成長による税収増などを組み合わせていくことになります。

経常収支も黒字が続いています。

The Goal

※出展:Infoseek

マクロ的には、経常収支は日本居住者の「貯蓄-投資」です。経常収支が黒字である限りは、フローのベースで貯蓄超過であり、外国人の日本への投資よりも日本人の対外投資の方が多いため、日本国内のマネーフローに余裕があることになります。

ストックのベースでは、前回述べたように、長年の経常黒字により日本の対外純資産が200兆円以上積みあがっており、これは財政赤字の数年分に相当します。

したがって、経常収支が黒字の間は比較的安心できます。

円安どころか円高傾向であり、インフレどころかデフレであり、金利上昇どころか世界屈指の超低金利である現状が、当面の持続可能性を物語っているような気がします。

円建てでの国債消化が難しくなり、外貨建て国債が増加してきたり、対して景気がよくないのに金利が大きく上昇し、為替レートが大幅に円安になり、円安をストップさせるための政府介入が行われるような事態になったら、いよいよ危険です。

しかし、まだその兆候は出ていません。兆候が出始めてからでも、対策は遅くありません。

金利、為替レート、国債の消化状況、経常収支などについて、注意を払っていきたいと思います。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2011.01.31 Mon l マーケット雑感・運用状況 l コメント (7) トラックバック (0) l top
    コメント
    1. まったくもって不思議?

    日本の財政については、
    どうもいても悲観的にならざるを得ないのですが、
    実際のところは不思議なくらい安定していますね。
    円高だし、金利は低いし、
    足元を見てる限り、全然大丈夫だとしか言いようが無い(^^)
    いつまでも続けば良いのですけど、
    到底そうは思えないなあ・・・
    ということで、米国債を買い始めました。
    2011.01.31 Mon l 江戸の隠居. URL l 編集
    3. 無題

    いつもお世話になっております。
    先日、証券会社より『トヨタ・モーター・クレジット・コーポレーション』2015年2月満期ユーロ豪ドル建て社債の案内を送られてきました。
    期間は4年で利率豪ドルベースで5.47%/年となっています。
    もう一つはニュージランドドルベースのものでした。
    自分は外債について全くやったことがありません。ただ利率だけを見ると国内から比べるとありえないものです…。それだけにリスクを伴う商品だと思いますが…。最近、中東の政治の不安定さから海外の投資にあまりいい話を聞きません。
    毎回相談ばかりで申し訳ありませんが返答よろしくお願い致します。
    2011.02.01 Tue l LAWSON. URL l 編集
    4. Re:まったくもって不思議?

    >mushoku2006さん

    当面は大丈夫だと思いますが、20年スパンで考えると、何とも言えないと思います。私は兆候が見え始めてからでよいという立場ですが、各人が考えるべき事柄ですよね。
    2011.02.02 Wed l まつのすけ. URL l 編集
    5. Re:こんばんは

    >江戸の隠居さん

    動き出したら流れは速いかもしれませんね。ただ、アルゼンチンの例を見ていると、本当に危機的な状況になれば、外貨の現物を持っていない限りは、各種機関の国有化→国債強制転換の可能性もある気がします。各人が考えるべき問題でしょうね。
    私は兆候が見え始めるまでは待機という立場です。あまりに早く動きすぎると、かえって損かもしれませんので。
    2011.02.02 Wed l まつのすけ. URL l 編集
    6. Re:無題

    >LAWSONさん

    豪10年国債の利回りは確か5.5%程度だったので、4年で5.47%だと、対国債でスプレッドが乗っていそうですね。

    トヨタ・モーター・クレジット・コーポレーションは、確かAAAかAAの格付けであり、信用リスクは低いと思われます。

    その投資の成否のキーポイントは、豪ドル/円の為替レート次第だと思います。この点、豪ドル円のボラティリティは年率15%程度はあったと思います。

    過去の実質為替レートの平均や購買力平価からすると、豪ドル/円は70円台前半以下での購入が望ましいですが、4年後の為替レートがどうなっているかは何とも言い難いです。
    2011.02.02 Wed l まつのすけ. URL l 編集
    7. 無題

    返信有難う御座います。
    さすがはトヨタブランド…。この金利で円建てなら(;´Д`)ありえないですね。。
    少しでも金利の良い国内社債が出るのを気長に待つことにします。ありがとうございました。
    2011.02.02 Wed l LAWSON. URL l 編集
    8. Re:無題

    >LAWSONさん

    5%の利回りは熱いですよね(^^)。ただ、そういう商品には為替リスクなどが伴うのが悲しいです。
    今は債券バブル(低金利バブル)のような状況であり、インカム重視の投資にとっては、我慢の時期ですね。
    2011.02.03 Thu l まつのすけ. URL l 編集
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/386-d541836f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)