TOP > マーケット雑感・運用状況 > ご覧のページ

■週末定点データ ・日経平均

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2009/3/107,0210.8168.081.30%
2010/12/1010,2121.1715.751.19%
・TOPIX
TOPIXPBR予想PER配当利回りNT倍率TS倍率
888.221.1216.222.00%11.50 0.72
・米国

 NY Dow30S&P500
終値11,410.321,240.40
予想PER(2010年末)13.3814.64
EPS852.7984.75
10年国債利回り3.33%3.33%
リスクプレミアム5%14,2131,412
リスクプレミアム6%12,1831,211
リスクプレミアム7%10,6601,059

スポンサーリンク

■マーケット概況

シカゴ日経平均先物3月限(円建て)の終値は 10200 (大証終値比‐10)。

<日本>

騰落レシオ(25日平均) が163.4まで上昇し、データ取得の可能な1971年以降で最高を記録したそうです。

※騰落レシオ=過去25日間の値上がり銘柄数の合計÷値下がり銘柄数の合計×100

70%以下が売られすぎ、120%以上が警戒ゾーンだと言われており、55を割ること、140を超えることは滅多にありませんので、現在は短期的な過熱感が警戒されるゾーン。短期的な調整は十分あり得るかもしれません。

今週は景気動向指数と景気ウォッチャー指数が発表されました。

The Goal

景気ウォッチャー指数は4月をピークに下落しており、景気動向指数は6月をピークに下落。パッと見は04年と同じようなパターンですが、どうなるか。

また、10月の全国コアCPIは、前年比で-0.6%となり、9月の-1.1%から下落率が縮小し、物価が下げ止まりつつあります。

高校授業料減免やタバコ増税の影響もあるでしょうが、来年4月には高校授業料の下押し効果がなくなり、一気に0%近辺まで上昇するという意見もあります。ただ、11年8月には5年に1度の基準年次改定の影響で、0.5%程度下方修正されるとのこと。

デフレ圧力は徐々に和らいでいる傾向でしょうか。

<欧州>

アイルランドショックは落ち着きを見せ始めましたが、構造的要因は今後の懸念材料。「BRICs」を名付けた、GSのジム・オニール氏は、「5年以内ユーロ崩壊の可能性がある」とコメントしました。

同一の通貨・金融政策をとっていますが、政治統合が不十分であり、参加国間で、財源ないし財政支出を移転する仕組みが弱いのが、危機時の最大の難点。

財政面で政治統合を進めるのが困難な状況で、各国が政策協調を行うことができるのかというと、懐疑的にならざるを得ない情勢。

ソブリンリスク対応の手段としては、現実的なのは以下の3つか。

(1)利率が高騰した国債を大きな規模で買い入れる。 (2)EFSF(欧州安定基金)の資金枠を拡大させ、且つ恒常的仕組み(EMFなど)を構築する。 (3)ユーロ共同債(ユーロ圏の全体で発行する国債)を発行する。

支援する側も、される側も国内の政治情勢が難しい状況のようですので、どこまで合意できるかは未知数ですが、ゼネラルユーロ債の仕組みが実現したら、PIGSなどの国の資金調達において、ドイツの信用力が加味されるため、実現したら強力か。

各国が共同で国債を発行する仕組みを構築する債は、各国の予算をEUが事前審査することなどが議論されているようです。

ただ、各国では反対が強い模様。

結局のところは、ドイツが問題国を支えるしかないわけですが、あまりにドイツ人の不満が増幅すると、例えば、ドイツマルク復活を掲げる扇動的な政党が現れて躍進する事態になりかねないかもしれません。

USA(United States of America)ならぬ、USE(United States of Europe)を結成して、通貨・金融政策・財政政策を一本化するのがラディカルな究極策ですが、これは非現実的な空論でしょうね。各国で国民の過半数が賛成するとは思えません。

主権国家は対等というのが原則ですが、みずほフィナンシャルグループを見ていると、対等合併の難しさを感じます。みずほがこういう文書 を出しているのは、病状自己申告の自虐ネタというもっぱらの評判。

一般的には、「ユーロの未来:解体を回避せよ 」という意見が多いと思いますが、今後の展開に注視が必要か。ユーロや欧州の金融株については、個人的には弱気です。

<米国・中国>

失業率が上昇し、雇用の伸びも鈍い状況ですが、企業の収益は好調な状況。第3四半期の税引き前利益の絶対額は、2006年のピークをわずかに上回ったようです。

米国の企業収益:利益はV字回復

10年債利回りは約2.41%を底に、約3.33%まで急上昇。インフレ期待が高まり、企業業績が拡大し、金利が上昇する局面は、日本株が諸外国をアウトパフォームすることが多い局面。

中国では主要経済指標が発表されましたが、CPIが+5%を超えて、金融引締めが意識されています。利上げはほぼ織り込まれたでしょう。鉱工業生産指数は+13.3%となり、生産基調が拡大しています。経済成長の期待と、金融引締めへの警戒・不動産バブル崩壊の不安の間で揺れ動いていく展開か。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2010.12.12 Sun l マーケット雑感・運用状況 l コメント (1) トラックバック (0) l top
    コメント
    1. 株で一文無になりました。

    その経過をブログに書いていきます。
    穴の落ち方は、穴に落ちた人間が一番
    よくわかります。
    穴に落ちないように、見に来て下さい。
    2010.12.13 Mon l 株で一文無し. URL l 編集
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/375-ee09b01e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)