TOP > マーケット雑感・運用状況 > ご覧のページ

■週末定点データ ・日経平均

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2009/3/107,0210.8168.081.30%
2010/11/2610,0401.1515.351.19%

・TOPIX

TOPIXPBR予想PER配当利回りNT倍率TS倍率
866.811.0915.782.05%11.58 0.73

・米国

 NY Dow30S&P500
終値11,092.001,189.40
予想PER(2010年末)13.0314.16
EPS851.2784.00
10年国債利回り2.87%2.87%
リスクプレミアム5%14,1881,400
リスクプレミアム6%12,1611,200
リスクプレミアム7%10,6411,050

スポンサーリンク

■マーケット概況

シカゴ日経平均先物12月限(円建て)の終値は 10015 (大証終値比‐45)。

北朝鮮が韓国を砲撃し、地政学リスクが高まりましたが、底堅い展開で日経平均は週間では小幅プラスとなりました。

円は米ドルに対しては円安になりましたが、ユーロ・英ポンド・豪ドル・NZドル・スイスフランなどに対しては円高となりました。

過去20年程を振り返ると、朝鮮半島情勢が緊迫化した際は、日経平均が2~3%程度下落しているケースがほとんどです。それ程大きな影響はない模様。

本格的に日本や韓国に侵攻してきたら、第二のイラクやアフガニスタンになる可能性が高いため、常識的に考えると、他国に侵攻する可能性は低いと市場参加者は認識しているのでしょうか。

過去を振り返ると、同様のケースでは、短期間で株価下落は底打ちする局面が多いので、深刻な懸念は不要か。

他方、場合によっては深刻な懸念を抱かざるを得なくなるのは欧州問題。

一般的に金融危機で問題となるのは、大雑把に分けると、流動性とソルベンシー(支払い能力)。今回のPIIGSショックでは、二つの問題のうち、流動性についてはECBやIMFによるスキームで当面は解決済みであり、後はソルベンシーの回復について、時間をかけてゆっくりと解決していこうという状況でした。

しかし、ここにきてギリシャに続き、アイルランドもEUとIMFからの支援受け入れに追い込まれ、先行きに懸念が生じています。

ドイツのメルケル首相が、「ユーロの状況は異例なほど深刻 」と発言し、投資家心理は冷え切って、ユーロは全面安となりました。

国の規模を考えると、スペインまで行ったら致命的であり、何としてもポルトガルで打ち止めとしなければいけないという意見が多いですが、EU諸国も当然それを認識しているでしょう。

次期ECB総裁候補の筆頭ウェーバー・ドイツ連銀総裁の発言 は、メルケル首相の発言を中和し、市場の懸念を払拭する狙いがあるか。

基本的には、岸田英樹氏(野村證券シニアエコノミスト)が述べている ように、2012~2013年までは債務不履行は回避されるという意見が多い印象。

ただ、ギリシャやアイルランド、ポルトガルなどが2013年以降の国債発行を円滑に行うようになるためには、財政状況が目覚しく改善される必要がありますが、現時点では実現可能性に懐疑的にならざるを得ないという状況。

今後、ソブリンリスクが更に高まった場合は、ドイツなどは国債借り換えのみならず、新規発行の国債の引き受けなど、大がかりな金融支援を行う必要が生じるかもしれません。それがドイツ国内でコンセンサスを得られ、円滑に進むかどうかというと微妙・・・。

以上を素直に考えると、ユーロには弱気にならざるを得ません。

ただ、ユーロの問題は既に広まりきっており、下落を提唱する声が強まっています。一般的に、マーケットが一定の方向に向かい始めると、「そっちに更に向かう」という声の大合唱が始まります。ギリシャショック後のユーロ下落、QE2のドル下落などがいい例ですね。

しかし、皮肉なことに、相場の方向性が知れ渡り、多くの人々の予想がその動きを後追いし始めると、相場が反転するということもよくあります。

これも、ギリシャショック後のユーロ下落からの底打ち、QE2のドル下落からの底打ちがいい例。

今からのユーロ売りで上手く行くかは未知数。ヘッジファンドや投資銀行のトレーダーなど底知れぬ魍魎が集うマーケットで、短期トレーディングで継続的に利益を上げられるとは思えないため、短期トレーディングは遊び以外ではやりませんが、今回は見送ります。

国際通貨研究所によると、ユーロドルの購買力平価 は約1.2ドルであり、ユーロ円 は約100円。少なくてもここを下回らない限りは、個人的にはユーロを買える状況ではないと思います。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2010.11.29 Mon l マーケット雑感・運用状況 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/371-f1c85457
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)