TOP > マーケット雑感・運用状況 > ご覧のページ

■週末定点データ ・日経平均

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2009/3/107,0210.8168.081.30%
2010/11/1910,0221.1515.41.07%
・TOPIX
TOPIXPBR予想PER配当利回りNT倍率TS倍率
869.521.0915.792.04%11.53 0.72
・米国

 NY Dow30S&P500
終値11,203.551,199.73
予想PER(2010年末)13.1514.13
EPS851.9884.89
10年国債利回り2.88%2.88%
リスクプレミアム5%14,2001,415
リスクプレミアム6%12,1711,213
リスクプレミアム7%10,6501,061

スポンサーリンク
■マーケット概況

シカゴ日経平均先物12月限(円建て)の終値は、 10095 (大証終値比+45)。

日米ともに長期金利が上昇しています。日本の10年債利回りは、約0.82%を底に1.07%まで反発。米国10年債は2.41%を底に2.88%まで上昇しています。

<日本10年債>

The Goal

<米国10年債>

The Goal

経済低迷の長期化・潜在成長率や期待インフレ率の低下懸念、FRBの追加緩和観測などを大きな材料に買い込まれていましたが、ひとまずはFRBのQEⅡについて「噂で買われて、事実で売られる」展開となりました。

QEⅡによって債券価格が上昇(金利低下)すると予測する場合、債券を買いたい人は、QEⅡを待って買うのではなく、できる限り早く買う方がリターンを最大化できると考えます。

逆に売りたい人はすぐには売らずにQEⅡを待ってから売った方がリターンが大きいと判断できます。

したがって、そのように考える市場参加者が多ければ多いほど、QEⅡ前には、買い圧力が増して売り圧力が減ることなり、実際のQEⅡ前に大きく債券価格は上昇します。

そして、いざQEⅡが発表されると、買いたい参加者はもう既に買っており、売りたい人は売りを待っているため、買い圧力よりも売り圧力の方に需給が傾き、債券価格は下落(金利上昇)するという現象が起きたのかもしれません。

このような相場一般に通じるメカニズムが働いたのかも。コンセンサスが強ければ強いほど、そのコンセンサスは外れるという現象。好材料出尽くしで株価が下落したり、悪材料出尽くしで株価が上昇するのと同じようなパターンですね。

ロイターでは、こんな記事も出てきました。

国債変動率が急上昇か、VaRショックに発展も

※VaRの解説はこちら

VaRショックとは、2003年6月~8月にかけて、リスク管理にVaRを採用していた金融機関が一斉に国債を売却し、長期金利が0.43%から1.55%まで急上昇した出来事です。

想定以上の急速な金利上昇やボラティリティの上昇が発生すると、VaRによるリスク管理上のアラームないしロスカット警告が発動されることになります。

そして、VaRによるリスク管理に引っかかった金融機関の一角が、資産構成を見直す意味で機械的に債券を売り始めると、更に金利・ボラティリティが上昇し、他の金融機関でもリスク管理でアラームが発生し、他の金融機関も売り始める・・・、といった具合に売りが売りを呼ぶ展開となりました。

日本は横並び体質が強く、「金融村」と揶揄されることもあり、しかも銀行は少数のメガバンクに収斂しています。似た性質の少数の巨大金融機関が同方向に動く状況になると、相場の流れが加速しがちなのかもしれません。

私の立場はこれまで何度か述べたように、債券市場はバブル的様相という認識であり、債権投資に弱気です。短期トレーディングのスキルがないので、このチキンレースには参加しないというスタンスです。

仮に日本国債10年債が1.5%近くまで上昇したら、買いやすいという印象。弱気からニュートラルに転換しますが、それまでは大きな材料がない限り様子見です。

ハイイールド債についても、「リスクプレミアムが縮小しきっているのではないか」という意見が出てくるようになりました。

ヘッジファンドがジャンク債売却、リスク高いとの見方 米国株、ジャンク債との比較で割安感強まる-格差は1999年以降で最大

バークレイズ・キャピタルによると、投資信託と個人投資家が、高利回り債の約3分の1を保有しており、2009年初頭以降の価値上昇の半分を担ってきたそうです。

「ジャンク債は現時点でほとんどプレミアムがない。市場参加者が最終的に屈服に向かう最終章のようだ」(Bloombergから引用)というコメントもありました。

もちろん、今後どうなるかはわかりませんが、09年初頭からの猛烈なハイイールド債ブル相場は一段落ついた感はあります。今からの新規参入は議論がわかれるところかもしれません。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2010.11.21 Sun l マーケット雑感・運用状況 l コメント (1) トラックバック (0) l top
    コメント
    1. 撤収

    私は13ヵ月ほど保有していたジャンク債投信を、
    先週全て売却して撤収しました。
    ジャンク債は騰がったんですが、
    為替で相殺されて、ほとんど儲かりませんでした(^^)
    米ドルベースなら、良い投資だったんでしょうけどね ><

    まつのすけさんの記事を参考に、
    私のブログでも記事を書かせていただきました
    m(_ _)m
    2010.11.25 Thu l まつのすけ. URL l 編集
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/366-00021dc7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)