TOP > マーケット雑感・運用状況 > ご覧のページ

■週末定点データ

・日経平均

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2009/3/107,0210.8168.081.30%
2010/10/19,4041.0915.760.96%

・TOPIX

TOPIXPBR予想PER配当利回りNT倍率TS倍率
829.971.0416.052.11%11.33 0.72

・米国

 NY Dow30S&P500
終値10,829.681,146.24
予想PER(2010年末)13.0013.78
EPS833.0583.19
10年国債利回り2.52%2.52%
リスクプレミアム5%14,3261,431
リスクプレミアム6%12,2241,221
リスクプレミアム7%10,6601,064

スポンサーリンク

■マーケット概況

シカゴ日経平均先物12月限(円建て)の終値は 9435 (大証終値比+45)。

先週は多くの重要経済指標が発表されました。

<日銀短観>

The Goal

大企業の業況判断は、製造業・非製造業ともに6期連続の改善となり、プラス圏まで浮上しています。2009年1-3月期を底に回復していますが、先行きがマイナスとなりました。

<鉱工業生産指数>

The Goal

鉱工業生産指数は3ヶ月連続で悪化。前回の景気後退でいうと、2003年9月頃の水準となっています。

<米国のISM製造業景況指数>
The Goal

マイナス1.8ポイント低下して54.5となりましたが、景気拡大・後退の目安である50は依然として上回っています。株価は上昇。

<S&Pケース・シラー住宅(季節調整済)> The Goal 2009年の前半で下げ止まり、緩やかな上昇が続いています。2000年以降を振り返ると、住宅価格は2000年から2007年まで約2.3倍となりましたが、そこから約35%下落。直近の底からは約5%の上昇となっています。

住宅価格が再度下落基調となってきたら、逆資産効果により経済全般への悪影響が懸念されるか。減税打ち切り後も、今のところは安定的。

全体的には、特に日本では景気後退からのリバウンドが終了しつつあり、且つ先進国経済の先行きの不透明感から在庫を積極的に積み増しづらく、生産も増加しにくくなっているような印象があります。

日本企業の業績は今後、伸び悩む可能性があり、経済は踊り場的な局面か。

では株式を処分すればいいのかというと、経済減速が織り込まれているからか、既に大幅に下落しています。問題は、どの程度織り込まれているか。日米で金融緩和が予測されており、ここで売却するのは勿体ないかなという印象。

個人的には、大局的には上昇していく局面のような気がしますが、勿論どうなるかはわかりません。

また、最近は予想を外しがちであり、“逆シグナル”という評判もある、武者リサーチ代表の武者氏が、週刊誌で「長期上昇波動入りの可能性が高い」と述べている点が少し気になります(笑

(※冗談です。念のため。武者氏は90年代の米国に強気、97~2002年頃は日本株に弱気、2003年以降は中長期強気スタンスを取っていたとされており、それは当たっています。)

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2010.10.03 Sun l マーケット雑感・運用状況 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    コメント
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/355-935002a0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)