TOP > 投資対象 > SBI債 > ご覧のページ

SBIホールディングスが、個人向け社債を発行します。

利率は、1.86%

.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚

償還期間:1年

購入単位:10万円以上1万円単位

金利:1.86%

募集期間:2010/8/13(金)18:00 ~2010/8/25(水)(予定)

格付け:BBB(R&I)

販売会社:SBI証券

.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚

スポンサーリンク

・現在は、1000万円までノーリスクの定期預金(1年)の年利は、住信SBIと新銀行東京が0.5%です。

ノーリスクの定期預金に対するリスクプレミアムは、1.36%

格付けBBBの社債(1年)のデフォルト率は、R&I(1978年~2008年) は、0.09です。

ついにSBI債の利率も若干低下しました(1.90%→1.86%)。

しかし、わずか0.04%であり、09年5月に発行された1.84%を上回っています。当時の日本国債10年の利回りは約1.4~1.5%程度でした。

SBI債の相対的魅力はアップしています。

SBIホールディングスは、不動産事業やアセットマネジメント事業に爆弾を抱え込んでいるのではないかという懸念が、事業構成上つきまとい、突然死の恐れが一般事業会社に比べて相対的に高いような印象があります。

The Goal ※クリックで拡大

したがって、09年はリスキーとも考えられましたが、不動産会社や投資ファンドなどがバタバタ倒産した中、ほぼ無風の状況でした。

当時よりは信用リスクに対して楽観的になれるかもしれません。ついこないだ大型増資を行いましたが、大型増資もできる状況です。

一般募集ならびに売り出しによる合計株式数に対し約10倍、海外機関投資家に限っては20倍超の需要があったそうです。

ただ、社債はほとんどの場合には利益が出ますが、デフォルトになった場合はダメージがでかいので、アニュアルレポートなどで財務諸表に目を通しておくのが無難かもしれません。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2010.08.13 Fri l SBI債 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    コメント
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/339-0a82ae48
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)