TOP > 投資対象 > 投信・ETF > ご覧のページ

■少々古い話ですが、8/16(月)に、NASDAQ-100ETFとNYダウ30種ETFが大証に上場するようです。

それぞれNASDAQ-100指数とNYダウ30に連動し、信託報酬はいずれも0.4725%。

海外ETFには、より安価で歴史もあるETFが既にありますが、日本国内の投信・ETFではNYダウ30の方は最安値であり、NASDAQ-100の方は初めてだった気がします。

個人的には、NASDAQ-100に注目。これまで国内ではありそうでありませんでした。

スポンサーリンク

組み入れ銘柄は、Amazon、Apple、Baidu、Cisco、Dell、eBay、Google、Intel、Microsoft、Oracle、Symantec、Vodafone、Yahoo! など日本でも知名度が高い企業が揃っています。

意外なところでは、スターバックスや News Corporation も入っていました。IT・ハイテク銘柄ばかりだと思っていたので意外でした。

中国の検索大手のBaiduも密かに入っています。今回の新ETFでは、おそらくDRを使うのでしょうね。

野村AMの海外資産対象の国内ETFは、リンク債へ投資する仕組みのものが目立ちますが、今回のETFは現物株式主体になるようです。

流動性、純資産額と売買価格とのプレミアムなどに注目ですね。上場後、定期的にウォッチしたいと思います。また、2重課税問題についてどうなるかについても、アンテナを張りたいと思います。

国内公募株式投信での『外国税額控除』適用除外の影響を探る

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2010.08.07 Sat l 投信・ETF l コメント (3) トラックバック (0) l top
    コメント
    1. 無題

    大手証券の件、全くその通りですね。私もいくつか口座を持っていますが、営業マンの話に乗る気はゼロです。
    でも、大手証券の営業マン(営業レディ?)って、やっぱり上手だなって思います。私みたいな知識のない人間は太刀打ちできないなって思っちゃいますよ;;
    2010.08.08 Sun l まつのすけ. URL l 編集
    5. Re:大手証券会社

    >40歳無職さん

    ハイイールド債などは、営業トークを素直に聞いて、初期に買っていたらメガヒットでしたよね。

    納得したものだけ買うのが大事ですね(^^)

    2010.08.08 Sun l まつのすけ. URL l 編集
    6. Re:わたしも同感です

    >ひでさん
    個別銘柄の取捨選択の能力は、大してないと思います。あったら、99%リテール営業ではなく、トレーディング部門にいるという・・・。

    生債券のスプレッド気になりますよね。例えば米国債であれば、他社と比較したり、米国のヤフーファイナンスで利回りをチェックしたりしたいところですよね。


    2010.08.08 Sun l まつのすけ. URL l 編集
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/335-201f02ad
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)