TOP > マーケット雑感・運用状況 > ご覧のページ

■ファンダメンタル ・日経平均

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2009/3/107,0210.8168.081.30%
2010/7/29,2041.0715.911.10%

・TOPIX

TOPIXPBR予想PER配当利回りNT倍率TS倍率
830.981.0416.432.12%11.08 0.81

・米国

 NY Dow30S&P500
終値9,686.481,022.58
予想PER(2010年末)12.0712.61
EPS802.5381.09
10年国債利回り2.98%2.98%
リスクプレミアム5%14,1361,428
リスクプレミアム6%12,0191,215
リスクプレミアム7%10,4541,056

スポンサーリンク

■マーケット概況

シカゴ日経平均先物9月限(円建て)の終値は 9170 (大証終値比‐40)。

国内外で株価が続落しています。特にTOPIXは、2003年3月の高値、2009年3月の高値以下まで下落しました。

The Goal

日本株の下落がきついのは、円高でしょうか。ユーロ建てでは、一時2007年の高値を上回ったというニュースも見ました。外国人投資家には、絶好の売却機会だったでしょう。実際、5月以降 は大幅な売り越しとなっています。

個人的には、日本企業の決算とは無関係の時期にセリング・クライマックス的な大幅下落があると仕込みたいところですが、取らぬ狸の皮算用かもしれません。

内外の重要な経済統計が発表されました。日銀短観(10年4~6月)は、大企業・製造業のDIが1となり、08年4~6月以来のプラス転換。非製造業も改善。先行きの見通しも改善の方向。

グラフを見ると、日銀短観とTOPIXは概ね連動していますが、ここにきて乖離が生じ始めている気配。

The Goal
前回同じくらいの乖離が出たのは04年。その時は、その後TOPIXが上昇しました。今回はどうなるでしょうか。

米国の雇用統計は、非農業部門の雇用者数(季節調整後)は、前月比-12万5000人となりました。前月までの一時的雇用(米政府の国勢調査)が22万5000人減ったことが原因であり、民間部門は+8万3000人。

現在のところは、雇用状況は一応着実な回復か。 The Goal

大事なのは“今後どうなるか”ですが、この点、通常の景気循環・金融政策の循環の流れからは、雇用統計は遅行指数であり、政策金利の動向から2年ほど遅行しています。

以下のグラフは、雇用統計と、FRB政策金利を逆にしたものを組み合わせました。

The Goal

最後の利下げは08年12月ですから、単純に考えると、今後は、金融緩和の効果などから雇用統計が拡大していく流れ。

ただ、もちろんそうなるとは限りません。世界的景気後退が懸念されており、今後の動向は予断を許しません。

ISM製造業指数は56.2となり、前月から下落しましたが、依然として景気拡大の目安である50を上回っています。

The Goal
ISM製造業指数とS&P500にもギャップがあるのが目立ちます。

ここから更なる下落の可能性もあるでしょうから、ここで一気買いするのはリスキーかもしれません。ただ、経済指標を見る限りは、定期的積み立て投資や確定拠出年金などで、コツコツ積み立てる時期としては、わるくはない印象があります。

(※私自身はこのブログに即した行動をとりますが、あくまで個人的考えであり、特定の行動を推奨する意図は全くありません。)

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2010.07.04 Sun l マーケット雑感・運用状況 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/321-433885db
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)