TOP > マーケット雑感・運用状況 > ご覧のページ

■ファンダメンタル

<株式> ・日経平均

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2009/3/107,0210.8168.081.30%
2010/4/2310,9141.4131.821.32%

・TOPIX

TOPIXPBR予想PER配当利回りNT倍率TS倍率
978.201.3332.331.66%11.16 0.80

TOPIXが堅調。NT倍率(日経平均÷TOPIX)が低下しています。配当利回り・PBRからは、過去のケースからみると、底値圏の終盤期を示唆しています。

・米国

 NY Dow30S&P500
終値11,204.281,217.28
予想PER(2010年末)14.1215.12
EPS(2010年末)793.5080.50
10年国債利回り3.81%3.81%
リスクプレミアム5%12,1911,237
リスクプレミアム6%10,5671,072
リスクプレミアム7%9,325946

S&P500の2011年末の予想PERは約12.77であり、それで計算すると、S&P500のレンジは1,120~1,465。

このまま順調に経済が回復していったら、2007年の高値も見えてくる?ただ、2年先はどうなるか全くわかりません。何もかもが上手くいった場合はということで。

<為替>

最新の購買力平価は、以下の通りです。

<ドル/円>

消費者物価・・・136.07 企業物価・・・・・104.23 輸出物価・・・・・・73.71

<ユーロ/円>

企業物価・・・・・102.33 消費者物価・・・101.93 輸出物価・・・・・・96.85

ドル円は73~104円が大雑把なスパンであり、80円割れでドルに妙味、100円超えで割安性が薄れるというのが、過去の推移から見た際の考え方の一つ。

ユーロ円は、100円割れがあったら、10年に1度の買いチャンスかもしれません。前回購買力平価より円高にあったのは、ユーロ発足直後の懐疑的な視線が多かった時期以来です。

スポンサーリンク

■マーケット概況

シカゴ日経平均先物6月限(円建て)の終値は 11020 (大証終値比+70)。週明けは小幅上昇からスタートか。

先週は米国株式が強い流れでした。ベア派(弱気派)は、過去20年間でも非常に少ない水準であるそうです。

ギリシャ国債は、2年債の利回りが10年債を上回る状況となりました。これについては、「2年債と10年債の逆イールドはギリシャの早期デフォルトを市場が織り込み始めたということだ」という解説がありました。

ダイアモンドザイの最新号のJPモルガン北野氏のコラムで、日経平均と公示価格の関係についての記事がありました。

同記事のグラフを見ると、1970年における公示地価を基準に、公示地価と日経平均の推移を比較すると、見事に公示地価が日経平均のサポートラインとなっています。

日経平均が公示地価を上振れたのは、1970年以降4回。1989~1990年、1996~1997年、1999~2000年、2006~2007年でした。

現在は公示地価と日経平均が同じ水準となっています。ということは・・・、5度目が訪れる可能性はゼロではないでしょう。

他方、日本株のネガティブ材料としては、JPモルガンAMの調査によると、調査対象の日本の年金基金中3分の1が日本株式を減らす方針と回答していることがあります。ちなみに、半数以上が新興国株式への資産配分を増加させる方針のようです。

調査対象の基金の総資産は合計で11.7兆円。日本株の需給悪化の一因となるか。

今回の金融危機において学べるかなと思ったことのうち、今週のニュースで再確認したのが二つありました。

(1)いい格付けは信用が置けない。

格付け会社、サブプライム商品に疑念抱いていた=米報告書

(2)ヘッジファンドが決算や解約で保有資産を売らざるを得ず、それで価格が崩れた時は、個人投資家にとっては絶好の買いどころ

ポールソンが売ったら金は買い

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2010.04.25 Sun l マーケット雑感・運用状況 l コメント (1) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/291-dde6210e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)