TOP > 投資対象 > 投信・ETF > ご覧のページ

中央三井AMから新たに設定されたCMAMインデックスeシリーズの投信が、SBI証券で販売されることになりました!嬉しいニュースです(^^)

販売手数料は、ノーロードです。

信託報酬と信託財産留保額について、他のインデックス投信との比較を表にしました。

<信託報酬>

 CMAMeMAXISSTAMSMAM
TOPIX0.3885%0.42%0.483%0.42%
先進国株式0.525%0.63%0.777%0.525%
新興国株式    -0.63%0.872%    -
国内債券0.3885%0.42%0.462%    -
先進国債券0.525%0.63%0.672%    -

※販売手数料は、全てノーロード

信託報酬は、eMAXISシリーズを下回り、最安値となっています。特に先進国株式と先進国債券は、eMAXISより0.105%も低い点が魅力的です。

たまに「0.1%の違いにこだわる必要があるの?」と聞かれることがあるのですが、コストはあまり気にならないというメンタリティより、0.1%でも気になるというメンタリティの方が、投資には資すると個人的には思います。

ファンドマネージャーは、ベンチマークやライバルのファンドと0.1%単位で熾烈な競争をしています。

また、コストを下げることは、数少ないフリーランチと言いますか、自分の力で確実に実現可能な運用効率化の手段です。そのような手段は数少ないと思います。

もちろん信託報酬以外のコストやトラッキング・エラー、ファンドの純資産なども重要な要素でしょう。

信託報酬以外のコストについては、CMAMeシリーズは、マザーファンドの規模が大きいようですので、eMAXISやSTAMとそれ程変わらないのではないかと思います。

ただ、万全を期すのであれば、最初の運用報告書が出るまでは購入を控えるというのも一つの考え方でしょう。

スポンサーリンク

ファンドの規模が小さいと、ベンチマークとの連動性を維持する上で制約になることがあります。たとえば、小規模のファンドでは配当の再投資がうまくいかなかったりすることもあります。ただ、それを避けるために先物取引を利用して、カバーするファンドもあります。

また、資金の流出入に対してファンドの資産が小さいと、ポートフォリオが不安定になるため、安定的に増加していく傾向にあることが望ましいでしょう。

CMAMeシリーズは、マザーファンドの規模が十分大きいので問題は小さいかと思います。

トラッキング・エラーについては、CMAMeシリーズとマザーファンドが同じ投信、中央三井外国株式インデックスファンドと中央三井外国債券インデックスファンドのデータを見てみました。

STAMシリーズとデータを比べると、ほとんど同じ値となっており、問題はないと思われます。一例として、外国株式ファンドのデータを抜粋します。

※上が中央三井外国株式インデックスファンド(中央三井外国株式マザーファンド)、下がSTAMグローバル株式インデックスオープン
The Goal

結論としては、CMAMeシリーズは、個人投資家の資産運用において、有力な投信ではないかと個人的には思います。

販売会社が中央三井信託銀行オンリーだったら、わざわざ口座開設はしないかなと思っていたのですが、SBI証券で取り扱いがあるということで、次回以降購入する投信を、eMAXISからCMAMに変更するかどうか検討します。

<追記>

楽天証券でもCMAMシリーズの取り扱いが開始しました。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2010.04.22 Thu l 投信・ETF l コメント (2) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/290-eea1333e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)