TOP > マーケット雑感・運用状況 > ご覧のページ

■ファンダメンタル

<株式> ・日経平均

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2009/3/107,0210.8168.081.30%
2010/4/1611,1021.4433.091.35%

・TOPIX

TOPIXPBR予想PER配当利回りNT倍率TS倍率
988.841.3433.401.64%11.23 0.83
先週は日経平均が約1%程度下落したのに対して、TOPIXは約0.1%の下落にとどまりました。出遅れ内需株が堅調な流れかもしれません。

・米国

 NY Dow30S&P500
終値11,018.661,192.13
予想PER(2010年)13.9915.32
EPS787.6177.81
10年国債利回り3.76%3.76%
リスクプレミアム5%12,1861,204
リスクプレミアム6%10,5541,043
リスクプレミアム7%9,307919

非常に堅調な米国株式。S&P500よりはNYダウに妙味がある?ハイテク株式の堅調さがS&P500の堅調さに影響しているのでしょう。NYダウとS&P500の株価の関係は、TOPIXと日経平均の関係に似ている気がします。

S&P500が1050割れすることがあれば、押し目買い予定。

スポンサーリンク

■マーケット概況

シカゴ日経平均先物6月限(円建て) 終値 10915 (‐175)。週明けは1~2%程度の下落からスタートか。

米国証券取引委員会(SEC)がゴールドマン・サックス相手に民事訴訟(証券犯罪)を提起 したことで、米国株式は大幅下落となりました。

世界各国の株式市場はここ2ヶ月ほど大きく上昇しており、過熱感もあったため、自律調整局面に突入したのかもしれません。米Googleが大幅な増収増益を発表していながら、大きく下落しているのに象徴されている気がします。

根拠はありませんが、日経平均・NYダウともに10,000~10,500くらいまでの短期的調整はあり得る気がします。ボリンジャーバンドの-2σは、日経平均・NYダウともに約10,600となっています。ここまで下落することがあれば、投信を押し目買いする予定です。

バンカメとメリルリンチのファンドマネジャー調査(4月)によると、世界の投資家による日本株のオーバーウエイト(オーバーウエイト-アンダーウエイト)が12%となり、2007年7月以来の高水準になったようです。2007年7月は、直近の日経平均の高値(約18,000)となり、残念ながらその後は下落しましたが、今回はどうなるでしょうか。

今後1年間、日本株を最もオーバーウエイトにしたい投資家は、11%となっています。ちなみに、最もオーバーウエイトにしたい市場は新興国(16%)でした。

ところで、米SECの提訴で大注目を集めているゴールドマン・サックスですが、不動産ファンドやクオンツ系のファンドで大損失を出していたようです。“プロ中のプロ”だとしても、不動産投資やアクティブ運用は容易ではありませんね。

米ゴールドマン、不動産ファンドがほぼ全資産失う

米ゴールドマン、クオンツヘッジファンドのGEOを昨年閉鎖

大手生保の一角、富国生命保険は、2010年度の資産運用において、ドル建てを中心とした外債の運用を積み増す方針のようです。

外国公社債の運用積み増し=富国生命運用計画

同社財務企画部長の渡部毅彦氏の考えは以下の通り。

<外債>

「これまではリスク回避で8割─9割のヘッジをしてきたが、今後はヘッジなしのオープン外債にする選択肢もあるとみている」

<国内債券>

「国内金利は依然、低水準ではあるものの、先行きの金利上昇懸念を意識すればこれ以上積み増さず、外国債券にシフトすることになる」

「(日本国債10年物の利回りは)1.5%が中心になるとみている。また、1.5%を超えれば買いやすい水準だ」

国内公社債は保有を横ばい、デュレーションは10年弱を維持、10年債と20年債を組み合わせて再投資する方針とのこと。

<日本株>

「景気回復を背景に国内株の戻り基調は続くとみているが、日経平均が1万3000円─1万4000円まで戻ったとしても、その先の上値は重くなるのではないか。株価が上昇しても長期保有するインセンティブに乏しい」

<国内不動産>

「市場は軟調ではあるが、投資妙味のある物件があれば検討対象とするスタンス」

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2010.04.18 Sun l マーケット雑感・運用状況 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/288-956f3fa6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)