TOP > 家計・公的年金・社会保険 > ご覧のページ
葬儀業界が詐欺同然の暴利を貪っているという記事を見ました。

平均231万円日本の葬儀代  詐欺同然超高額のカラクリ

記事によると、日本消費者協会が07年に行った調査では、日本の葬儀費用は平均231万円であり、米国の5倍、英国の20倍だそうです。その原因は業者の利幅が異常に高いためだそうです。

透明性のある価格設定を売りにしている「あんしん館」の松澤典央代表取締役の話。

以下、 J-CASTニュースから引用
----------
費用が高い理由は、仕入れ値に対する販売価格が高すぎると指摘する。つまり儲けすぎているというわけだ。5000円の棺を10万円で売る、300万円で購入した祭壇を何度も使いまわした挙げ句、1回100万円で貸し出す、といった強欲なビジネスモデルがまかり通っている。利益率が9割にのぼることもあり、松澤代表は「詐欺と同じように見える」という。
「大切な人が亡くなって普通の精神状態ではない時に要求され、葬儀社の言いなりになることが多々見られます。本当におかしなことです」
----------
引用終了

スポンサーリンク
一般的には、消費者に知識がないことが多かったり、対価性が外から見えにくい商品は超過利潤が厚く乗っている傾向があると思います。

例えば、葬儀、宗教、デリバティブ、複雑な生命保険、その他複雑な金融商品、リフォーム、結婚相談サービス、風俗、出会い系サイト、健康食品、シロアリ駆除、美容整形などの分野でしょうか。

縁起のない話になってしまいますが、葬儀についても、できればある程度事前に準備しておくのが無難かもしれません。私自身、葬儀についてはまるで知識がなかったため、週刊ダイヤモンドの特集号を図書館で借りて読んでみました。

The Goal
週刊 ダイヤモンド 2010年 2/13号 [雑誌]



とても面白い内容でした。病院や警察には、出入り許可を与えられた指定業者が、最も早く遺族に接触する権利を持っているようです。事前に何も準備してなく、葬儀社への警戒心が薄い人は、病院で紹介された業者に決めてしまう人も多いでしょう。後押しするように、看護師や医者が口添えしたり、早く霊安室を空けるよう急かす病院もあるそうです。

葬儀業者は、この出入り許可と引き換えに多額の寄付をしたり、病院長や事務長、看護師長などへの接待攻勢、政治家への口利き依頼などを行うのは当然のようです。
警察に対しては、天下りの受け入れや接待攻勢があるそうです。

民間病院で営業を受けた業者で葬儀を契約した場合は、病院長のキャバクラ接待費用と看護師のホストクラブの接待費用が上乗せされている可能性があると考えた方がいいかもしれません。

病院に対してはクリーンなイメージも一般的にはあると思いますが、やはり人間がやっている仕事です。普通の業界と何ら変わりはないということでしょう。

同誌の特集では、葬儀関連費用の一般的な原価や、怪しい葬儀社のチェックポイント、葬儀社を選ぶためのポイント、葬儀の手続きの流れ、葬儀マナー、全国の葬儀社対応安心度ランキングなどものっており、とても参考になりました。

私はこのような不透明なボッタクリ価格を支払うことには我慢が出来ない性格ですので、事前にある程度は準備したいと思います。やはり信頼できる業者を事前に選定しておくのが大事かもしれません。例えば、流通大手のイオン が参入したようですが、一定の安心感はあるかもしれません。

地方自治体の葬儀サービスもあるそうです。例えば、東京23区には区民葬儀 という制度があるそうです。このようなサービスを利用するのも一案かもしれません。気が早い話ですが、私自身の葬儀は、区民葬儀で行うよう手はずを整えておきたいと思いました(笑)

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2010.06.01 Tue l 家計・公的年金・社会保険 l コメント (2) トラックバック (0) l top
    コメント
    1. 葬儀については

    僕も報道なんかで、利益を貪る病院と業者の
    問題を見てモヤモヤしていました。
    僕でしたら自分の場合は、直葬が良いです。
    2010.06.02 Wed l music465. URL l 編集
    2. Re:葬儀については

    >music465さん

    どの業界もそういう話はありますよね。私も無宗教なので、葬儀には全くこだわりがありません。
    2010.06.03 Thu l まつのすけ. URL l 編集
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/286-34a2b2f2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)