TOP > マーケット雑感・運用状況 > ご覧のページ

■ファンダメンタル

<株式> ・日経平均

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2010/3/1210,7511.3431.991.35%

・TOPIX

TOPIXPBR予想PER配当利回りNT倍率TS倍率
936.381.2532.291.73%11.48 0.81

先週はTOPIXと比較して日経平均が急回復しました。米国においても、ニューヨークに比べてNASDAQが元気ですが、ハイテク製造業が堅調な流れとなっています。

PBR、配当利回りと長期国債の利回り差からは、依然として底値ゾーンの特徴が続いています。

・米国

 NY Dow30S&P500
終値10,624.691,149.99
予想PER(2010年)13.0314.59
EPS815.4178.82
10年国債利回り3.70%3.70%
リスクプレミアム5%12,5431,212
リスクプレミアム6%10,8711,051
リスクプレミアム7%9,592927
NYダウのファンダメンタル上のレンジ(割安~普通)は、12,543~9,592

S&P500は、927~1,212

09年度の利益からはほぼ上限のラインですが、10年度の利益回復まで織り込めば、割高ではない水準が続いています。

スポンサーリンク

■市場概況

<株式>

シカゴ日経平均先物(円建て)の終値は10740 (大証終値比+60)。週明けは小幅上昇からスタートか。

上海証券取引所で取引した投資家の昨年の純利益総額が2兆2,000億元(約29兆2,000億円)だったことが、中国当局から公表されました。中国経済の復調に伴う企業業績の回復などによる株価上昇により、投資家が大きな利益をあげた格好。

しかし、個人投資家の中で利益を出したのは34%にとどまり、利益幅が50%以上だったのは6.3%にとどまったそうです。

上海総合株価指数の昨年の騰落率は+50%強だったので、インデックスを上回った個人投資家は約6%にすぎず、94%はインデックスに負けたことになります。年初にインデックスファンドに購入してほったらかした人は、トップクラスのパフォーマンスを上げたことになります。

アクティブ運用でインデックスを上回ることの難しさを再確認したデータでした。

<為替>

先週は円全面安の展開で終わりました。

(1)今週の日銀の金融政策決定会合で、追加の金融緩和策の実施が議論され、新型オペの資金供給期間の延長や新型オペの供給額の増額などを決定することが予想された?

(2)16日のFOMCで、これまで据え置かれてきた「FF金利(政策金利)を長期間、異例に低い水準とする」という文言が修正されるとの観測が市場の一部で出ており、それを反映?

(3)ギリシャが4~5月に大規模な国債の借り換えを行いますが、それに支障をきたした場合、ユーロ圏は最大250億ユーロ(約3兆1000億円)を支援することで既に合意したと報じられたことが影響?

シカゴ通貨先物の投機筋(Non-commercial)は、円買い、英ポンド売りポジションを若干縮小させ、ユーロ売りポジションを若干拡大させました。目立つのは豪ドルポジションで、先週から大幅に買いを膨らませています。豪ドルの上昇とリンクしています。

来週は、米国(16日にFOMC)で出口戦略へと進む姿勢が示されるか、日本(16~17日に日銀金融政策決定会合)で追加金融緩和があるか、ユーロ圏(15~16日にEU財務相会合)での議論の行方などに注目が集まりそうです。

個人的には、購買力平価や過去の実質為替レート平均から妙味がある水準で、外債やMMF投資を行うスタンスです。短期的な動きを予測してどうこうというのは全くありませんが、「為替レートを定期的にチェックし、なぜそうなったのか?」を少し考えてみるのは有意義だと思っており、それは続けたいと思います。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2010.03.15 Mon l マーケット雑感・運用状況 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    コメント
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/268-2658ac7d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)