TOP > 投資対象 > 個人向け社債 > ご覧のページ

オリックスが、1月に続いて再度個人向け社債を発行します。

利率は、2.50~3.50%(中央値3.00%)

.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚

償還期間:4年

購入単位:100万円

金利:2.50~3.50%(2/24決定)

募集期間:2010/2/25~2010/3/12

格付け:A(R&I)、A(JCR)、A-(S&P)、A3(Moody's) ※発行体

   

引受人:大和証券キャピタル・マーケッツ、みずほ証券、オリックス証券、岡三証券など

.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚

スポンサーリンク

・現在は、1000万円までノーリスクの定期預金の年利は、以下の通りとなっています。

銀行名金利期限制約解約
東京スター銀行1.10% 100万以上原則不可
オリックス信託銀行1.00% 300万以上
住信SBIネット銀行0.90%~3/31 
あおぞら銀行0.90% 300万以上

※日本振興銀行は、SFCGの2重譲渡問題があるため、除外します。

※東京スターは期間4年、その他は期間3年

ノーリスクの定期預金に対するリスクプレミアムは、1.40%~2.40%

格付けAの社債(4年)のデフォルト率は、R&I(1978年~2008年) は、0.43%です。

・本日のデータでは、同社の機関投資家向け社債の店頭売買参考統計値利回り平均は、残存期間約2年8ヶ月ものが3.006%(2012/10/31償還)。

・同社のCDS参考値は、303.75(3.0375%)。若干上昇傾向です。

今回の個人向け社債の予定利率の中央値(3.00%)は、機関投資家向け社債の流通利回りと比較して、条件が悪いです。

また、同社が昨年12月に発行した機関投資家向け社債(期間3年・単位1億円)は、3.10%であり、これと比べても条件が悪いです。

この点からは、それ程妙味がある債券ではないと捉える見方もありそうです。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2010.02.18 Thu l 個人向け社債 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    コメント
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/256-5c42fa91
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)