TOP > マーケット雑感・運用状況 > ご覧のページ

■ファンダメンタル

<株式> ・日経平均

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2010/2/1210,0921.2830.841.32%
・TOPIX

TOPIXPBR予想PER配当利回りNT倍率TS倍率
892.161.1932.111.80%11.31 0.83
今週はややTOPIXが軟調でした。PBRと配当利回りが、過去の底値圏と同様の特徴である状況が続いています。

・米国

 NY Dow30S&P500
終値10,099.141,075.51
予想PER(2010年)13.3513.71
EPS756.4978.43
10年国債利回り3.69%3.69%
リスクプレミアム5%11,6561,208
リスクプレミアム6%10,1001,047
リスクプレミアム7%8,910924

NYダウのファンダメンタル上のレンジ(割安~普通)は、8,910~11,656

S&P500は、924~1,208

2010年までの利益を織り込めば、標準的な株価水準が続いています。NYダウ9,000(S&P925)割れまで調整すると、割安ゾーンです。

スポンサーリンク

■市場概況

<株式>

シカゴ日経平均先物(円建て)の終値は、10090 (大証終値‐10)であり、週明けは揉み合いからスタートか。

国債のデフォルト、ユーロ圏離脱までささやかれたギリシャ問題は、一旦は落ち着いてきました。11日のEU首脳会合では、EUとしてのギリシャ支援が合意され、マーケットでは過度な懸念が一旦は後退したものと思われます。ただ、詳細については明らかにされていません。

15日にはEU財務相会合が開催されます。ギリシャ、スペイン、ポルトガルなどの財政問題に対して、どのような結論となるのかに注目。

ギリシャ政府は公務員の賃金の最大5.5%カット、所得税率の引き上げなどを発表しました。当たり前の話ですが、財政状況を改善させるためには、歳出の削減と歳入の増加(増税など)が必要。

PIIGS以外にも、東欧のラトビア、リトアニアの財政赤字はギリシャに近い水準まで拡大する可能性があるという声もあります。まだ、東欧諸国の財政問題は顕在化していませんが、東欧にまで飛び火すれば、マーケットでユーロ圏の東欧向け融資のデフォルトリスクへの懸念が高まることも考えられます。

ユーロ圏は東欧に多額の銀行貸出を行っており、最悪の場合は、南欧・東欧からユーロ圏主要国まで信用不安が拡大し、金融市場が混乱する可能性もゼロではないかもしれません。

と最悪のシナリオを書いてみましたが、最悪のシナリオを想定した上で、結局これからどうするのかが肝心です。個人的には、選択肢は3つです。

(1)特にスタンスは変えない

(2)株価下落はチャンスと捉えて、インデックス投信を買い増す

(3)株価下落に保険をかける(CFD、信用取引、オプションなど)

今回の問題では(3)のヘッジは行いません。現時点では(1)であり、資産配分(アセットアロケーション)を維持するために、給与の一部で定例的な購入を行うスタンスを継続します。

日米の経済指標は底打ちしており、大局的には株価上昇局面にあり、またバリュー上も割高とは言えないと考えるためです。先週は大きく下落した局面で、2月の定例購入として、先進国株式と新興国株式を購入しました。

その上で、過度に株価が下落した局面では、所々での節目で(2)的に押し目買いを行います。TOPIXは800ポイント台前半、S&P500は900ポイント台前半まで下落することがあれば、ドカンと買い増します。

GDP成長率が日米と比べると弱かったこともあり、ユーロの下落が続いていますが、これをチャンスと捉える向きもあるようです。

日本生命の加藤専務が、「ユーロ/円120円近辺ではオープン外債を買う(為替ヘッジなしで外債を購入する)体制にある」とコメントしました。日本生命は、円高進行を予測して段階的にオープン外債を売却してきたようです。そのため、今後はむしろオープン外債を買う余力があるそうです。

インフレ率調整後の実質為替レートの過去平均(ユーロ円)は、現在の名目レートに直すと120円です。120円台前半以下はユーロを買えるゾーンだと思います。

私も今週に第一次ユーロ建てMMF買い(122円弱)を行いました。今後も5円下落するごとに買い増す予定です。短期的には更なる下落も十分あり得そうですが、どこまで下落するかは分かりませんので、120円台前半から買い出動しました。

確かにユーロのクライシスに発展する可能性もゼロではありませんが、欧州では過去も通貨危機がありましたが、それを乗り越えてきました。ユーロのグランドデザインやユーロの価値が失墜し、暴落する事態にはならないのではないかと思っています。

<為替> ①ドル リスクマネーの巻き戻し(ドル売りポジション解消)が進んだからか、特に対ユーロで大幅に上昇しました。対円では明確な方向性は出にくく、リスクマネーの短期的な流れに左右される展開か。 ②ユーロ

素直に考えると、ギリシャ問題が収束したとしても、欧州経済には財政上の制約が残りますし、景気回復は鈍化すると思われ、ユーロは弱い方向となりそうです。当面は、2/15-16のEU財務相会合での議論を材料にリスクマネーが動く展開か。

③豪ドル シカゴ通貨先物の投機ポジションを見ると、依然として豪ドルは大幅な買い超過が続いており、リスクマネーが逆流すると、大きく下落する余地もありそうです。ただ、相対的な高金利通貨であることと経済が堅調であることに鑑みると、ユーロから流出したリスクマネーの受け皿となる展開もあるかもしれません。

豪ドル/円については、購買力平価と過去の実質為替レート平均は70円台前半であり、ここまで下落することがあれば、外貨建てMMF購入を行います。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2010.02.13 Sat l マーケット雑感・運用状況 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/252-79779cc9
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)