TOP > マーケット雑感・運用状況 > ご覧のページ

■ファンダメンタル

<株式> ・日経平均

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2010/2/510,0571.2831.941.35%

・TOPIX

TOPIXPBR予想PER配当利回りNT倍率TS倍率
891.781.1932.901.79%11.28 0.84
株価の底値圏の特徴である「予想配当利回りが、長期国債の利回りを上回る逆転現象」が引き続き続いています。

・米国

 NY Dow30S&P500
終値10,012.231,066.19
予想PER(2010年)13.3514.16
EPS749.9875.32
10年国債利回り3.57%3.57%
リスクプレミアム5%11,7741,182
リスクプレミアム6%10,1761,022
リスクプレミアム7%8,960900

NYダウのファンダメンタル上のメインレンジ(割安~普通)は、8,960~11,774

S&P500は、900~1,182

2010年までの利益を織り込めば、標準的な株価水準です。S&P500が900ポイントまで下落したら、まとまった金額を購入します。

スポンサーリンク

■市場概況

<株式>

シカゴ日経平均先物3月限(円建て)の終値は、9975 (大証終値比‐85)。週明けは小幅下落からスタートか。

アメリカ政府は、2月1日に最新の経済見通しを発表し、2010年の実質GDP成長率を2.7%と予想しました。エコノミストの予想とほぼ同じです。その後の6年間は3.2%~4.3%の成長率が続くと予想しており、これはエコノミスト予想の平均を大幅に上回っています。

ホワイトハウスは楽観的な見通しを示していますが、新金融規制法案は、短期的には経済に占めるウエートが大きい金融業の成長にはマイナスです。

金融機関にこれまでの収益力を期待できないとなると、ホワイトハウスの予想を実現するためには、新たな「成長戦略」が必要となってくるでしょう。

そのための方策としては、情報通信、環境エネルギー、バイオテクノロジーなどの次世代の主要産業で、米国企業が確固たる地位を築くことが考えられます。いわば産業構造を転換させることで、経済活性化する方向。

また、今回の新金融規制が骨抜きにされずに実現した場合、預金や決済などの基本的金融インフラを提供する商業銀行は高リスク投資から遮断することになります。その上で、リスクマネーの新しい受け皿として、既存の金融機関(商業銀行や投資銀行など)と異なる、ニュータイプの金融機関を作り、従来のように金融業でも成長を続けることも不可能ではないかもしれません。

要するに、新金融規制が実現したらお先真っ暗というわけではなく、短期的には経済にもマーケットにも混乱が生じるかもしれませんが、長期的には経済の回復基調に戻ることも考えられます。

今回の新金融規制によって過度にリスクマネーが流出して株価が下落したりした場合は、大きな投資機会かもしれないという意識を個人的には持っています。

アッカーマンドイツ銀行CEOの「ドイツ銀行が自己勘定取引を大幅に縮小し、クレジットの自己勘定取引を廃止、株式と株式デリバティブの自己勘定取引は90%縮小した」旨のコメントが報じられました。

世界的メガバンクの、オバマ新金融規制案に沿う形の行動が明らかになったのは初めてとなります。ドイツ銀行はヘッジファンドと密接と言われています。先週の世界的株安の背景には、リスクマネーのポジション圧縮の懸念が強まり、キャリートレードの手仕舞いが加速したことがあるかもしれません。

このようなリスクマネーの巻き戻しによる株安は、大きなチャンスだと思っています。

短期的には更なる株安も十分考えられ、国家に対する信用不安が、フランスや日本、アメリカに飛び火する可能性もゼロではありません。しかし、大局的には経済は底打ちして、回復していく局面だと思います。

日米共に重要経済指標は底打ちしています。

<米・ISM製造業景況指数>

The Goal

<米・雇用統計>

The Goal

<日・景気ウォッチャー指数>

The Goal

<日・景気動向指数>

The Goal

<為替> ①ドル

先週は、アメリカの好調な経済指標を材料にドル高基調となりました。週末には、欧州の信用不安が強まったからか、リスクマネーの巻き戻しにより、円が大きく上昇しました。しばらくはドルと円が強含むかもしれません。

②ユーロ

信用不安がギリシャからポルトガルやスペインに拡大したからか、ユーロが急落しました。狭まっていたボリンジャーバンド(月足)を下の方向にブレイクしており、下降トレンドとなるかもしれません。

③豪ドル 2/2にRBAが政策金利の据え置きを決定しました。事前予想は4.00%への利上げという見解が多数だったためか、豪ドルは軟調となりました。ドバイショック時に安値である76円までは下落余地があるでしょう。購買力平価である70円近辺まで下落したら、外貨建てMMFを購入します。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2010.02.07 Sun l マーケット雑感・運用状況 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    コメント
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/249-377f07b7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)