TOP > マーケット雑感・運用状況 > ご覧のページ

■ファンダメンタル

<株式>

・日経平均

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2009/12/1110,1081.2534.321.27%

・TOPIX

TOPIXPBR予想PER配当利回りNT倍率TS倍率
888.571.1734.571.80%11.38 0.80
株価の底値圏においては、予想配当利回りが、長期国債の利回りを上回る現象が発生しています。2003年、2008年後半~2009年上期などであり、現在も発生。
引き続き、TOPIX連動投信(ETF)を定期的に購入します。

・米国

 NY Dow30S&P500
終値10,471.501,106.41
予想PER13.4814.46
EPS776.82 76.53
10年国債利回り3.55%3.55%
リスクプレミアム5%11,3401,117
リスクプレミアム6%9,896975
リスクプレミアム7%8,778865

NYダウのファンダメンタル上のレンジ(割安~普通)は、8,778~11,340

S&P500は、865~1,117

標準的な株価水準であり、割高感はありません。引き続き、MSCI-KOKUSAI連動投信を通して、米国株へ投資します。

<為替>

 購買力平価過去平均現在値
ドル約138円約100円89.08
ユーロ約100円約120円130.21
英ポンド約153円約150円144.86
豪ドル約70円約70円81.29
NZドル約58円約60円64.58
カナダドル約83円約80円83.98

※購買力平価は、消費者物価ベース

※過去平均は、実質為替レート平均は現在の名目レートではいくらになるか。

購買力平価、実質為替レート過去平均からは、ドル、英ポンドが割安。ユーロはドルの代替通貨としての需要が高く、豪ドル・NZドルは、利上げ観測があることが、為替高に影響しているか。
ドル円85円割れ、ユーロ円120円割れ、英ポンド135円割れ、豪ドル70円割れ、NZドル60円割れ、カナダドル75円割れでそれぞれ外貨建てMMFを購入します。
※ドル約89円、英ポンド141円、カナダドル約83円で第一次購入済です。 ※長期的投資であり、短期売買とは無関係です。

スポンサーリンク

■今週の市場

<株式>

シカゴ日経平均先物(円建て)の終値は、10090(大証終値比‐10)

週明けは揉み合いからスタートか。

12月第1週は、外国人の日本株の買越額が6081億円となり、2005年8月第2週(6877億円)以来、約4年4ヶ月ぶりの高水準となりました。

他方、国内勢は個人・法人ともに大幅な売り越しでした。個人は約2年半ぶり、事業法人は約2年8ヶ月ぶり、都銀・地銀などは約2年ぶりの多額の売越でした。

ちなみに、2005年8月2週以降の半年間の株価推移は以下の通りでした。さすがにこの再来はないでしょうが・・・。

日経平均11,614円→16,777円 The Goal

もちろん、今回の海外投資家の大幅買い越しは、クリスマス休暇を控えたヘッジファンドなどのショートカバー(空売りの解消)や、ポジション調整に過ぎない可能性もあります。

しかし、海外投資家は、ここ10週間中、9週間が買い越しです。その間、国内勢は売り続けてきました。

外国人が大幅買い越し、国内勢が大幅売り越しというのは、「いつか見た光景」ではないでしょうか。

ちなみに、ジム・ロジャース氏は、「米ドルや米国株よりも日本円や日本株を多く保有している。ただし、今後日本にポジティブなチェンジが起きない限り、ここ2~3年の間に日本の資産を手放す可能性が高い」そうです。

○好材料・楽観論

日本の景気動向指数(10月)は上昇しました。基調判断は前月に「下げ止まり」から「上方への局面変化」へ上方修正されましたが、今月はさらに「改善を示している」へ上方修正されました。

※「改善」は「景気拡張の可能性が高い」と定義されています。

○悪材料・慎重論

①欧米系格付け会社フィッチが、中期的な財政見通しへの懸念を理由にギリシャの長期格付けをA-からBBB+へ引き下げました。

ちなみに、欧州中央銀行は、金融危機対応で適格担保ルールを緩和し、BBB-の債券を担保として受け入れていますが、2010年末には最低基準をA-に戻す計画です。

このままでは、2011年以降ギリシャの市中銀行は欧州中央銀行から資金の借入れができない恐れが出てきました。

②S&Pは、スペインの格付けアウトルックを「ネガティブ」に引き下げ、債務格付けは2年以内に引き下げられるリスクがあると発表しました。

財政赤字の拡大はギリシャ、スペインのみならず、アイルランド、ポルトガル、イタリアも同様の問題に直面しています。

②香港の曾俊華・財政長官が「われわれは資産バブルのリスクについて非常に懸念している」とコメントしました。香港の不動産投資は要注意?

<為替>

①ドル

バーナンキ議長FRB議長が「われわれは依然として長期間(の低金利維持)を予想している」とコメントしました。今週はFOMC会議が開催されますが、低金利政策の長期継続が確認されるでしょう。ドル円には中立的。

②ユーロ

先週は、ギリシャやスペインの信用不安がクローズアップされ、ユーロが下落しました。ポジション調整のユーロ売り(ドルキャリートレードの巻き戻し)もあったかもしれません。

③豪ドル

先週は、豪雇用統計が市場予想を大幅に上回ったことで底堅く推移しました。良好な経済状況、利上げ下観測などにより、しばらくは高金利通貨として強含む展開となりそうです。ただ、コモディティ市況が下落しているのは、資源通貨である豪ドルにはマイナス。

④NZドル

ニュージーランド中銀のボラード総裁の利上げ示唆が、市場の予想外のサプライズとなり、NZドルは上昇しました。このように「市場が予想していなかった利上げ」は短期的な通貨高要因

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2009.12.13 Sun l マーケット雑感・運用状況 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    コメント
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/217-56310dfd
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)