TOP > マーケット雑感・運用状況 > ご覧のページ

■ファンダメンタル

<株式>

・日経平均

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2009/11/279,0811.1331.051.24%

・TOPIX
TOPIXPBR予想PER配当利回りNT倍率TS倍率
811.011.0731.611.97%11.20 0.74
大型増資による希薄化懸念はありますが、TOPIXの予想配当利回りは、長期国債の金利を上回っています。長期的観点からは割安ゾーンが継続と判断。
株価の底値圏においては、予想配当利回りが、長期国債の利回りを上回る現象が発生しています。2003年、2008年後半~2009年上期に発生しましたが、再度発生しています。
引き続き、TOPIX連動投信(ETF)を定期的に購入します。

・米国

 NY Dow30S&P500
終値10,309.921,091.49
予想PER12.9514.72
EPS796.13 74.14
10年国債利回り3.21%3.21%
リスクプレミアム5%11,3571,058
リスクプレミアム6%9,939926
リスクプレミアム7%8,836823

NYダウのファンダメンタル上のレンジ(割安~普通)は、8,836~11,357

S&P500は、823~1,058

標準的な株価水準であり、割高感はありません。引き続き、MSCI-KOKUSAI連動投信を通して、米国株へ投資します。

<為替>

・購買力平価
 ドル円ユーロ円
消費者物価指数138.58102.88
企業物価108.52103.72
市場相場86.55129.53
輸出物価75.3299.42
購買力平価からは、ドル円は75~108円のスパン。ドル円85円割れでドル建てMMFを購入予定でした。一時84円台に突入しましたが、急反発し、86円台半ばまでリバウンドしました。もう少々様子を見ます。購入後は、5円円高になるごとに買い増します。
ユーロ円は割高ゾーンが継続。名目120円が過去のインフレ率換算後の実質相場の平均であり、ユーロ円120円割れでユーロ建てMMFを購入予定。以降、5円円高になるごとに買い増します。
※長期的投資であり、短期売買とは無関係です。

スポンサーリンク

■今後の市場

<株式>

シカゴ日経平均先物12月限(円建て)の終値は、9200(大証終値比+120)

週明けは上昇からスタートか。

TOPIXの軟調が目立つ状況が続いていましたが、日経平均も騰落レシオ、RSI、乖離率、サイコロジカルライン、ボリンジャーバンドなど多くのテクニカル指標で売られすぎとなっています。

騰落レシオ(25日平均)とRSI(14日平均)は、2008年10月以来の売られ過ぎの水準となっています。

円高も進みました。投機的な動きも絡んで、「売りが売りを呼んでいる」状況か。

TS倍率(TOPIX÷S&P500 )は0.74倍まで低下。1955年7月の0.74倍と並び、54年4ヶ月ぶりの低水準となりました。日本株は、歴史的軟調局面が継続しています。2015年までの長期投資であれば、仕込みどころだと思います。

円高の進行により、多くの通貨に対して、購買力平価・過去平均近くまで円高になりました。

 購買力平価過去平均現在値
約138円約100円86.55
ユーロ約100円約120円129.53
英ポンド約153円約150円142.90
豪ドル約70円約70円78.50
NZドル約58円約60円61.51
カナダドル約83円約80円81.48

※購買力平価は、消費者物価ベース

※過去平均は、実質為替レート平均は現在の名目レートではいくらになるか。

英ポンドが割安ゾーンに突入しました。ただ、英ポンドは実質金利(名目金利-インフレ率)がマイナスであり、円の方が実質的に高金利通貨。インフレ率も日本より高く、英ポンド安のトレンドは強い気もします。

ロイターの記事によると、「世界の銀行によるUAEへの融資総額は、6月末時点で1230億ドル。このうち英銀行は500億ドルで、フランス(113億ドル)、ドイツ(106億ドル)、米国(106ドル)、日本(90億ドル)を大幅に上回っている。」そうです。

ドバイショックの打撃は、歴史的に中東との結びつきが強い英国が最も大きそうです。融資総額は、日米独仏の約5倍。

しかし、他方、ゴールドマンサックスは、11/15に再度ポンドを買い推奨としています。同社は3月にポンド買いを推奨しましたが、6月に1ポンド1.65ドルに達したところで推奨を取り下げていました。

私自身は、以下2つの理由で、英ポンド(外貨預金)を141でほんの少し購入しました。以降10円円高になるごとに買い増そうと思っています。

①若干割安ゾーンに入ってきたので、第1次打診買い(先安感はありますが、どこまで下落するかは分からないので、少し購入)

②分散投資の観点から、もう少し外債ポジションを作りたい

外貨預金にした理由は以下3点です。預金保護対象でないので信用リスクがありますが、ほんの少額なのでまあいいかなあと。楽天証券あたりがポンド建てMMFを取り扱ってくれると嬉しいのですが。。

①英ポンド建てMMFは、ネット証券で取り扱いがない。

②住信SBIネット銀行はスプレッドが50銭で、指値注文も可能(大手証券のMMFは2円)

③FXで1000通貨は金額が大きく(約14万)、そこまでは買いたくない。

NZドルとカナダドルは、標準的な為替レートまで円高が進みました。ここから5~10円ほど円高に振れたら、それぞれMMFを購入しようと思っています。

ユーロと豪ドルは、後10円ほど円高になるまで待ちます。

○好材料・楽観論

①米国の中古住宅販売件数(10月)は、年率換算610万戸となり、市場予想(570万)を上回り、2007年2月以来の高水準となりました。前年比23.5%増は過去最高。

税優遇措置が11月末に失効する予定(その後延長)だったので、駆け込み需要があったかもしれません。

②米国カンファレンスボードの消費者信頼感指数(11月)は、市場予想を上回り、49.5(前月比+0.8)となり、3ヶ月ぶりに上昇しました。

③米国の最新の新規失業保険申請件数は、46.6万件(-3.5万件)となり、市場予想(50万件)を大幅に下回り、2008年9月中旬以来の低水準となりました。

④米国の新築住宅販売件数(10月)は、年率換算43万戸となり、3ヶ月ぶりに増加しました。市場予想(40.4万戸)を上回り、昨年9月以来の高水準となりました。

○悪材料・慎重論

世界銀行のゼーリック総裁が、「(インフレ抑制のために)突然金利を引き締めることは、特に、回復が弱い米国や欧州などでは、新たな景気低迷を引き起こす可能性がある」とコメントしました。

<為替>

①ドル FOMCの議事録で、低金利政策の長期継続姿勢が改めて確認されるとともに、「最近のドル安は秩序立った動き」との見解が表明され、ドル安容認姿勢が判明して、一気にドル売りが加速しました。 ドバイショックもあり、ドル円はボラティリティが高い展開の中、円高方向に進むか。

②ユーロ ドル安トレンドと、ドバイショックによるリスクマネーの巻き戻し念(ドル買い戻し材料)に揺れましたが、円に対しては大幅安となりました。

③豪ドル

リスクマネー巻き戻し観測からか、豪ドル売りとなりました。投機筋の豪ドル買いポジションは積みあがっており、短期的にはポジション調整の豪ドル売りが出て、豪ドル反落の流れか。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2009.11.29 Sun l マーケット雑感・運用状況 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    コメント
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/209-c65b6550
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)