TOP > マーケット雑感・運用状況 > ご覧のページ

■ファンダメンタル

<株式>

・日本

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2009/11/69,7701.2233.841.32%

長期的観点からは割安ゾーンが継続。引き続き、インデックス連動投信・ETFを定期的に購入します。

・米国

 NY Dow30S&P500
終値10,270.471,093.48
予想PER13.2614.57
EPS774.55 75.07
10年国債利回り3.42%3.42%
リスクプレミアム5%10,7281,040
リスクプレミアム6%9,423913
リスクプレミアム7%8,401814

NYダウのファンダメンタル上のレンジ(割安~普通)は、8,401~10,728

S&P500は、814~1,040

予想PERは15倍以下であり、長期金利との関係でも標準的な株価水準。割高感はありません。

<為替>

・購買力平価
 ドル円ユーロ円
消費者物価指数138.58102.88
企業物価108.52103.72
市場相場89.66133.77
輸出物価75.3299.42
購買力平価からは、ドル円は75~108円のスパン。ドル円85円割れで、ドル建てMMFの第2次購入の予定です。
ユーロ円は割高ゾーンが継続。名目120円が、過去のインフレ率換算後の実質相場の平均です。ユーロ円120円割れでユーロ建てMMFを購入予定。
※中長期的な話であり、短期売買とは無関係です。

スポンサーリンク

■今後の市場

<株式> シカゴ日経平均先物12月限(円建て)の終値は、9775(大証終値比+35)

週明けは小幅上昇からスタートか。

ここ1ヶ月ほどで日本株(TOPIX)の出遅れ基調が鮮明になってきました。

The Goal

TOPIXをS&P500で割った「TS倍率」は、0.79まで下降し、過去20年間で最低記録を更新しました。米国株式に対して、日本株式は歴史的軟調局面を迎えています。

The Goal

日本の株価が軟調な理由として、①円高懸念、②大型増資懸念、③海外投資家の日本素通りがよく挙げられます。

このうち、①円高懸念については、購買力平価や、過去のインフレ率勘案の実質為替レートからすると、ドル以外の主要通貨に対して円は割安であり、円高余地は確かにあります。ただ、輸出企業の為替レートの設定はかなり保守的な水準になっています。

②大型増資懸念については、確かに、海外の銀行と比較すると、邦銀の自己資本は見劣りするのは広く知られており、銀行の自己資本規制強化から、大型増資は不可避であると強く予想されていました。実際、昨日三菱UFJが1兆円規模の増資方針と報じられました。

しかし、大型増資で株価が下落するのは、その増資が予期できなかった場合となります。今回のようにメガバンクの大型増資がほぼ確実であった場合は、既に織り込み済みと解釈してよいでしょう。アク抜け感や悪材料出尽くしとなる可能性もあります。

③海外投資家の日本素通りについては、今後については未知数ですが、現時点では下表の通り大ウソであります。

・投資部門別売買動向(東証)の推移

 外国人個人信託銀行証券自己日経平均
2009/86,439-1,420-2,289-51710,492.53
2009/9-1,3123,669-4,4422,25510,133.23
2009/107,302-977-2,8537810,034.74

海外投資家は、9月は売り越しましたが、10月は大幅買い越しとなっています。11月第1週も買い越しでした。

むしろこの間、日本の機関投資家や公的年金の売りが強く、株価下落につながった側面があるかもしれません。外国人と証券自己は買い越し傾向です。

ソルベンシー・マージン比率の見直しなどで、生保がリスク性資産の圧縮を検討しており、日本生命などの大手生保が、日本株の圧縮を検討しているそうです。

それが事実であれば、そうした生保の株売り圧力が強いのかもしれません。

ただ、外国人が大幅買い越しで国内勢が売りというのは、大幅上昇の前によくある傾向です。

また、日本経済は、諸外国に比べてダメダメなのかというと、そんなことは全くありません。

10/1にIMFが発表した世界経済見通しは、下表の通りです。

 2009年2010年
世界-1.1%3.1%
日本-5.4%1.7%
米国-2.7%1.5%
ユーロ圏-4.2%0.3%

日本の2010年の経済成長率は、ユーロ圏を上回り、米国と同水準です。

日本企業の7-9月期決算発表が一息つきましたが、企業側は下期の業績について慎重で、通期見通しについても保守的な状況で、上方修正の余地は大きいです。

日本株の低迷が続くようだと、絶好の日本株の仕込みどころではないかと個人的には思っています。

○好材料・楽観論

①米著名投資家のウォーレン・バフェット氏が、米経済の苦闘は続いているものの、「金融危機は過ぎ去った」とコメントしました。米経済は他国と比べて規模が大きく、他国より大きな投資機会があるとの見方を示ました。

②ユーロ圏16ヶ国の第3四半期のGDP成長率は、前期比+0.4%となりました。

③欧州委員会は、ユーロ圏の2010年のGDP成長率予測を+0.7%、2011年+1.5%と発表しました。

④米国の新規失業保険申請件数は、前週比-1.2万件の50.2万件となり、市場予想の51万件を下回って1月上旬以来で最も低い水準となりました。

○悪材料・慎重論

①IMFのストロスカーン専務理事が、「アジア通貨の多くは、主要な貿易相手国の通貨に対して、依然として過小評価されている。その一方でユーロは過大評価されている。」とコメントしました。

<為替>

①ドル

オバマ米大統領が15~18日に中国を訪問しますが、人民元の協議について、市場関係者の注目が集まっています。

市場では中国政府が現状の為替政策を修正し、人民元の上昇を容認する方針を示唆するのではないかとの思惑が出ているようです。

そうなれば、ドル買い介入を減らすことにつながり、ドル売り材料とみなされ、短期筋がしかける可能性があるでしょう。

②ユーロ 第3四半期ユーロ圏GDP(+0.4%)が、市場予想(+0.6%)を若干下回ったからか、若干円高ユーロ安方向にシフトしました。

イングランド銀行総裁のポンド安容認発言を受けたポンド安の連れ安などで、ユーロの地合いは若干後退している流れとなりました。

ドル売りの受け皿として、ユーロ高が進んできましたが、これ以上買い上げる材料も乏しく、しばらくはもみ合いか。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2009.11.15 Sun l マーケット雑感・運用状況 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/203-7b0a0ac8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)