TOP > マーケット雑感・運用状況 > ご覧のページ

■ファンダメンタル

<株式>

・日本

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2009/11/69,7891.2233.801.43%

長期的観点からは割安ゾーンが継続。引き続き、インデックス連動投信・ETFを定期的に購入します。

・米国

 NY Dow30S&P500
終値10,023.421,069.30
予想PER12.9513.94
EPS774.01 76.70
10年国債利回り3.50%3.50%
リスクプレミアム5%10,3201,023
リスクプレミアム6%9,106902
リスクプレミアム7%8,147807

NYダウのファンダメンタル上のレンジ(割安~普通)は、8,147~10,320

S&P500は、807~1,023

標準的な株価水準であり、割高感はありません。諸条件が変わらずに投資家が楽観的になり、PER20倍まで上昇するとなると、NYダウは約15,000までの上昇余地があります。

<為替>

・購買力平価
 ドル円ユーロ円
消費者物価指数139.02102.92
企業物価109.68104.35
市場相場89.95133.51
輸出物価76.4998.36
購買力平価からは、ドル円は77~110円のスパン。ドル円85円割れで、ドル建てMMFの第2次購入の予定です。
ユーロ円は割高ゾーンが継続。名目120円が、過去のインフレ率換算後の実質相場の平均です。ユーロ円120円割れでユーロ建てMMFを購入予定。
※中長期的な話であり、短期売買とは無関係です。

スポンサーリンク

■今後の市場

<株式> シカゴ日経平均先物12月限(円建て)の終値は、9795(大証終値比+15)

週明けは方向性のない揉み合いか。先週のTOPIXの終値は、日足・週足・月足のいずれでも、標準偏差-1σ近辺にあります。TOPIX-ETF(1306)の指成り注文(@887)を入れました。

日本、米国、ユーロ圏でリセッション脱却の気配が一段と進みました。長期投資であれば、株式購入の時期として引き続きわるくないでしょう。2番底懸念もあるので、ここで一気買いするのは勇気が要りますが、分割購入の時期としてはいい気がします。

<日本>

景気動向指数(9月)は、3月から半年連続で上昇しました。内閣府は、景気の基調判断を「下げ止まり」から「上方への局面変化」に引き上げました。

内閣府の定義では、「悪化→下げ止まり→局面変化→改善」というサイクルになります。

The Goal

<米国>

ISM非製造業景気指数(10月)は、50.6(前月比-0.3)となりましたが、景気拡大・縮小の境目となる50は、2ヶ月連続で上回っています。

ISM製造業部門指数(10月)は55.7と上昇し、2006年4月(56.0)以来の高水準となありました。エコノミスト予想平均の53を上回り、これが先週の米国株価の上昇につながりました。

3ヶ月連続で、景気拡大・縮小の境目となる50を上回っています。

The Goal

ISM製造業景況指数が50を超えてから、1年後の米国株価のパフォーマンスは、下表の通りです。

年月1年後の株価騰落率
1958年6月28.4%
1961年4月3.4%
1967年8月3.8%
1971年2月8.4%
1975年8月20.5%
1980年9月-6.5%
1983年2月7.1%
1991年6月7.9%
1996年6月31.1%
2002年2月-23.9%
2003年7月11.4%
2009年8月           ?
過去平均8.3%

<ユーロ圏>

欧州中央銀行(ECB)の定例理事会が開催され、政策金利の据え置き(1.0%)が決定しましたが、トリシェ総裁は、「2010年に景気が緩やかに回復する」、「(金融緩和政策について)全ての措置を延長する必要があるわけではない」とコメントしました。

金融緩和政策を段階的に終了させる「出口戦略」に着手する意向を示しました。

○好材料・楽観論

①アメリカの新規失業保険申請件数(5日発表)は、1月上旬以来の低水準となりました。エコノミスト予想も下回っています。

○悪材料・慎重論

①米著名投資家ジョージ・ソロス氏が、「(世界経済の)回復は失速する傾向にあり、2010年か2011年になるかは分からないが二番底を打つ可能性がある」とコメントしました。

また、「ドルはかつての信頼と信認をもはや持っていないが、ドルに代わる通貨はない」とも述べました。

②アメリカの雇用統計(10月)は、失業率が10.2%と市場予想以上に悪化し、26年半ぶりに2ケタ台に突入しました。

非農業部門雇用者数は-19万人となり、減少は22ヶ月連続。市場予想よりも悪い内容となりました。

ただ、雇用は景気の遅行指数であり、雇用の下げ止まりは、景気の下げ止まりからタイムラグがあるとされています。

<為替>

①ドル

FOMCでは、政策金利(0~0.25%)の据え置きが決定されました。

声明文では、「政策金利を当面の間、異例の低水準にすることが正当化される可能性が高い」との表現が踏襲されました。

ただし、「経済資源稼働率の低さやインフレの落ち着き、安定した期待インフレ率を含む経済状態を踏まえ」との但し書きがつけられました。これは「異例の低水準の金利」を変更する条件を示したと考えられます。

上の「資源稼働率の低さ」とは、失業率や設備稼働率など。この点、過去のFRBの利上げ開始は、失業率の低下が始まり、一定の時間が経過してから。現状では、失業率の低下トレンドが明確化するのは、2010年半ば~後半と見られており、それまでは利上げはないか。

ドルキャリートレードも続くと思われ、しばらくはドル安傾向か。

しかし、今週は米国債入札の動向に要注意。入札が不調に終わり、米長期金利が上昇すれば、短期的にドル高となるかもしれません。

②ユーロ ECBで、金融緩和からの出口戦略に着手する意向が表明されました。

FOMCとの対比でドル安ユーロ高が進みましたが、短期的にはその流れが続くような気がします。第3四半期ユーロ圏GDPが、市場予想(前期比+0.6%)を下回った場合は、短期筋の売り仕掛けに要注意でしょう。

③豪ドル

先週は、RBAが政策金利を0.25%引き上げましたが、今後の追加利上げに積極的な姿勢を示さなかったからか、豪ドル高は小幅でした。

ただ、6日の「金融政策に関する声明」では、RBAは2009~2010年のGDP伸び率予想を8月予想から引き上げ、段階的な利上げを示唆しています。

米ドルの低金利の長期化が予想されることから、短期的には豪ドルの高金利通貨としての優位性はあるでしょう。ただ、その分、将来の巻き戻しには要注意。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2009.11.08 Sun l マーケット雑感・運用状況 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    コメント
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/195-6255240c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)